« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

商店街と催しの定期化

先日、姫路駅北側のみゆき通り(昔は「御幸通り」と表現していたように思うが)にある「姫路駅前商店街」のアーケードがリニューアルして、大変にきれいになった(4月26日)。JR姫路駅は、駅前再開発により、駅ビル「ピオレ」ができたことで、雰囲気は大きく変わっていたこともあり、周辺も改装が求められていた。

実際、「ピオレ」効果は大きく、流風が駅周辺を、うろうろしていると、歩いている人々が以前と大きく違っていると思う。結構、ファッショナブルな人たちがいるのだ。また彼らに限らず、皆さん、おしゃれになったと思う。つまり客層の著しい変化が起ったと推定される。つぶさに見れば、実際は、それほど変わっていないのかもしれないが、意識が違うのだと思う。

特に女性たちに、それが強く感じられる。施設が新装されると、女性のファッションも変わるということだろうか。そういうことから周辺施設への波及効果は大きい。駅前地下街「フェスタ」も改装されているし、山陽百貨店も改装の動きがある。

それに加えて、来年、姫路城の改築オープンもあることから、駅と姫路城を結ぶ、みゆき通りの商店街のアーケードを新装することになったらしい。今回は、十二所前線までの姫路駅前商店街だけだが、いずれその北側も改装されるだろう。

今回の改装に伴い、十二所線上にもアーケードがかかり、ここで雨の日に傘を広げる必要もなくなったことは有難い(アーケードを歩いていて、途中で傘を広げるのは結構、鬱陶しいものだから)。これで国道2号線まで傘をさすのが不要になるのは大きい。

さて、前振りが随分と長くなったが、そういうことで、姫路駅北駅前広場と三菱東京UFJ銀行前で、オープニングイベントがあった。皆さん、足を止めて見ていたが、こういうイベントは、こういう特別の時だけでなく、定期的に催すことが求められる。大体、表現者というものは、自分たちの演技を観てもらう場を求めており、彼らに場所を提供すれば、それだけで街は賑わうはずだ。

催しで消費者や観光客の関心を集めることは大切だ。定期的に催しをすれば、自然と意識に残る。そうすれば、自然と人は集まってくるし、演じる方も人が集まれば、やりがいを感じる。その相乗効果で、商店街も賑わうというものだろう。無償でも演じたい人はたくさんいる。彼らを上手に活用して、より活性化してほしいものだ。

*追記

ただ、この商店街の店舗構成を見ると、一体、彼らは誰を顧客として想定しているのか、分らない時がある。まずチェーン薬局関係の多さだ。薬局と言っても、最近は何も薬だけを置いているのではないのは分るが、それでも同じ商店街に何店舗も必要だろうかと首をかしげたくなるなる場合は多い。

その次はメガネ店。いろんなランクのメガネ店があるが、これも過剰気味。商店街全体として、店舗構成を考えられたのかは極めて疑問。せいぜい1,2店舗あれば十分だろう。トータルで顧客対象を誰にするか決めて、それに応じて店舗構成の練り直しが求められる。

*追記

姫路市産業振興課では、商店街が主催するイベントへの補助以外に、平成26年6月から平成27年3月に開催される商店街を舞台にしたイベントで、10人以上の市民グループを対象に、イベント企画を募集しているらしい。採用されたユニークな企画には補助金が出るという。

補助金の内容は、広告宣伝費、会場設営費、景品購入費などの経費の二分の一以下で、上限100万円。ただし、事前に該当商店街と協議も必要であるとのこと。締め切りは5月21日。

折角、行政が、こういうプログラムを用意しているのだから、参画を検討するのもいいだろう。

|

2014年4月27日 (日)

筍と孝養

筍が美味しい季節になってきました。そこで、今回は、それにまつわる有名な話を『今昔物語』から取り上げてみよう。儒教的色彩が強く、最近は、あまり語られない孝養がテーマだが、現代人にも考えさせられる。話の内容は次のようになっている。

昔、中国、漢の時代に孟宗という人がいた。彼は老母と一緒に暮らしていたが、その母親は、少しわがままになって、毎食、筍がなければ食事しないという有様だった。孟宗は、母のために筍を常時何とか入手していた。

今の時期は筍は手に入りやすいが、時期によっては、無い時期もある。それでも、各地を探し回り、何とか手に入れて、朝夕の食前には、筍料理を提供していた。

ところが、ある冬のこと。雪は高く降り積もり、地は凍ってしまい筍を掘りに行くこともできない。よって筍を食前に提供できなかった。そうすると、たちまち母親は食べることを拒否してしまう。孟宗は、このままにしておけば、母は亡くなってしまうと憂え、泣き悲しむ。

そうすると、どうしたことか、庭を見ると、たちまち3本の筍が生えてきた。これを見て「我が孝養の心の深きを以って、天の哀むで給える也けり」と言ったとか。母親に早速提供すると、彼女は喜んで食事をしたと云う。

この話は孝養の大切さを説いたものだが、子供は親があって生まれてくるもの。親の無理はどんなことでも聞かなくてはならない。まあ、現代の日本人には、ちょっと理解不能かもしれない。ただ、自分自身の存在が、どこから来るものかは、時々考えてみるのもいい。そこから親との接触の仕方が見えてくるかもしれない。

流風には、既に親はいないから、最早、孝養はできない。仏壇に花を供え、手を合わすだけである。筍ごはんでも作って供えようか。

|

2014年4月24日 (木)

「しろまるひめ」と「姫路お城の女王」

「しろまるひめ」は姫路城のイメージキャラクターで、流風も何回か遭遇している。先日、姫路文学館でも会った。姫路城は鷺のように白いので「白鷺城」とも言われるが、「しろまるひめ」は、白い丸型のまるで饅頭のような体型にお城が乗っかっている感じ。全体としては、ふくよかで、ほっとさせるキャラクターだ。

そして、「姫路お城の女王」は、毎年3名選定し、姫路の広報活動に活躍されている。現在は第46代で歴史がある。年間50回以上の出務があるそうだ。皆さん、それぞれに使命感を持って、活躍されている。流風は、あまり見かけることはないが、それでも、年に数回出遭うことがある。

さて、8月初めの「姫路お城まつり」を機に、新しい「姫路お城の女王」に代わる。今年も6月1日には、第47代の新しい女王が選定される。現在、新しい女王を募集しており、締め切りは平成26年5月8日(木)必着とのこと。関心のある方は申し込んでみては(*注)。

毎年、選ばれる女王は、それぞれ雰囲気が若干異なる。ただ、共通するのは皆さん、元気そうな女性だということ。そして現在の「姫路お城の女王」は、どこか「しろまるひめ」と雰囲気が似ている(笑)。果たして第47代はどのような女王が選ばれるのだろうか。

*注

「姫路お城の女王」への募集申し込みは、以下へ。

姫路お城の女王事務局 TEL 079-281-1122

  神戸新聞姫路支社内 平日の10時から17時まで。

 

|

2014年4月22日 (火)

額の色紙を『日々是好日』に

桜も散りかけているので、桜の色紙絵に代えて、今回は絵ではなくて禅語の『日々是好日』にしてみた。これには深い意味があり、表面的な文字で見ると間違った解釈をしてしまう。本意は、今という一瞬を真剣に生きよという意味らしい。

明日はあるようで、明日はないということだろうか。今、できることは、すぐやって明日に延ばそうと考えるなとも受け取れる。父は、気がついたら、ごみを拾うと言っていたが、そういうことも大事だと、最近、気づいた(苦笑)。積み重ねは大切。

*追記

なお、『日々是好日』については、過去に、2012年5月7日付で、「明日はない~日々是好日」として、詳しく記している。ご参考まで。

|

2014年4月19日 (土)

『絵画でめぐる京都・美の探訪』展に行く

先日、神戸に行った帰りに、明石市立文化博物館で開催されている『絵画でめぐる京都・美の探訪』展に行ってきた(平成26年5月25日まで)。明石で、なぜ京都を取り上げるのかは分らないが、この博物館では、今までも京都関係の工芸を紹介しているから、なにかしらの人脈があるか、明石市が、京都と何らかの取り組の協定があるのかもしれない。

今回の展覧会は、京都府が所蔵している近現代の日本画・洋画の約90点を展示していた。内容は、テーマとして、京の百景、京の四季、いのち賛歌を取り扱ったものとしている。ざっと鑑賞した感じでは、見ごたえ十分。さすがに京都画壇を抱える京都府は、選りすぐりの作品を持っているということだろう。

以前は、京都には、よく行っていたが、最近は、ほとんど行っていない。距離的に遠くなったこともあるかもしれない。私鉄では時間がかかり過ぎる。JRの新快速を使えば、十分日帰りは可能だと言われるが、どこか遠回りのような気がする。

それでも、これらの絵画を観ているうちに、久しぶりに京都に行ってみようかなと思った。そういう意味では、この展覧会は京都の観光販促に繋がるものかもしれないと、穿った見方をしてしまった。悪い癖(笑)。でも兵庫県も県下の市町村とタイアップして、観光販促に絵画を利用するのも一考の余地がある。

そのことはさておき、流風の個人的印象では、鑑賞に十分耐える作品ばかりだ。近くに行かれた場合は、寄ってみて損はないだろう。

*追記

この博物館は、いろんな工夫をしている。気づいたことは、以下の三点。

一、順路が床に示してあって分りやすい。一般に、順路は壁に記されることが多いが、ここは床に記されていた。これは高齢者や子供に配慮したものかもしれない。大体、高齢者や子供は、下を向いて歩いているから(笑)。

二、年間パスポートを始めたようだが、ここは随時加入で一年間有効。大体の文化施設のパスポートは、4月1日から1年間という所が多い。これでは、加入を増やすことは難しい。入ろうと思っても、期中だったら、損だという意識が働くからだ。

三、年間パスポートに加入すると、駅周辺の民間の施設の各種割引が受けられるようになっていた。民営の文化施設では当たり前だが、官営の文化施設では、こういう試みはまだ少ない。文化施設は、それ自体単独では生き残れないことをよく理解していると思う。

|

2014年4月16日 (水)

工場型畜産の限界

熊本県下で鳥インフルエンザ発生したようだ。3年前くらいに、宮崎県で発生し、大問題になったが、この問題は、以前、拙ブログで、「日本の畜産問題」と題して、取り上げたことがある。そもそも、生き物の工場型生産に無理がある。その時、素人的視点だが、課題として取り上げたことは、次の七つの項目だった。

 一、一部の畜産農家の環境の悪さから拡散するということ

 二、免疫力の問題~日照下の運動不足

 三、土壌の汚染状態の問題

  四、水質汚染の問題

 五、輸入飼料の問題(遺伝子組み換え飼料)

 六、大量飼育の問題~畜産密度の限界をオーバー

 七、畜産環境を悪化させる経済的要因

     ~国際化による価格の問題・経営問題

ただ、それ以後、明らかになったことは次のものが大きな問題だ。

 八、成長促進剤の利用

 九、感染防止用抗生物質の投与

これらが組み合わさって、各種問題を引き起こす。これらの問題は、鳥だけでなく、牛、豚も同様だ。鳥インフルエンザ、大腸菌、フィエスラリア、サルモネラ菌中毒、カンピロバクターを引き起こす原因と考えていいだろう。

食糧の調達は人類の問題だが、無理に賄おうとすれば、問題が出てくる。裏を返せば、食糧会社が、無理に儲けようと仕組んだ結果とも言える。日本に輸出圧力をかける国々の畜産も、概ね歪んだ工場型畜産だ。

その程度は日本より、最悪な環境と生産プロセスと言われる。そのような環境と生産プロセスを調査をせずに、輸入を増やすことは、国民の健康を守る上でも、許されない。政府は、工場型畜産を見直す時期に来ている。また消費者も、安い畜産物に、あまり期待してはいけないということになる。工場型畜産物は、今回のような問題が起らなくても、すでに人間の健康を脅かしていることを各人が再確認する必要がありそうだ。

 

|

2014年4月13日 (日)

『忍たま乱太郎ミュージアム』展に行く(姫路文学館)

姫路文学館で開催されている『『忍たま乱太郎ミュージアム(忍たまたちのテーマパーク)』展に行ってきた。『忍たま乱太郎』は、尼子騒兵衛さんの原作による作品だ。原作は『落第忍者乱太郎』のようだが、NHKで放送するに当たり、「落第」が放送コードにひっかかるため、題名が変更されたらしい。「忍者のたまご」を略して「忍たま」とか。

NHK-Eテレで放送されている人気アニメのようだが、世代が違うので、さすがに一度も視聴したことはない(今回、新しく館長に就任された藤原正彦氏も、挨拶で、そのように仰っていた)。放送開始から20年経つという。そういうこともあり名前は知っていた。今回は、子供向けの催しのようだし、行くかどうか迷ったが、開会式のお誘いに乗って、とりあえず見てきた。

当日は、たくさんの親子連れが来られていて、忍者姿のお子さんも。いつもと違って、子供さんが多いので、熱気むんむん。そこに乱太郎、きり丸、しんべヱが現れ、踊り出すと、会場は一斉に沸いていた。でも、最近の子供さんは、ちょっと大人しいね。大人から見ると楽だけれど。また、かんべえくん、しろまるひめも来館。見るのは初めてではないが、近くで見ると、かなり大きい。

展覧会の方は、二つの会場があり、第一会場では、忍たまたちのテーマパークとして、絵本原画や忍者道具コレクションが展示。それに写真撮影もOKなので皆さん、結構、写しておられた。第二会場では、セル画展示のほかに、なりきりコーナーとか体験コーナーなどあり、子供たちが楽しめるように構成されていた。また自分のキャラ判定するコーナーもあった。

入場時もらったオリジナル冠バッジは先着3000名だとか。しばらく、胸に付けて街歩きしようか(笑)。なお今後も、いろんな催しが計画されているようだが、定員があるので、早めに申し込みする必要がありそうだ。関心のある方は、姫路文学館のホームページを見てください。展覧会は6月8日まで。

|

2014年4月 7日 (月)

二つの戦後の国会決議

戦後、日本は日本国憲法により、平和の配当を受け続けてきた。憲法に関しては、各種いろんな見解があるが、その事実を忘れてはならないだろう。安倍政権になって、彼を支持する保守勢力が、そのことを否定するかのような発言が目立つ。確かに、保守勢力が主張するように、戦後の国際体制は、歪んでいるようにも見える。しかしながら、今更、言っても始まらないのも事実。終戦後、歩んできた歴史を逆戻しはできない。

そのような世界環境の中で、今更、国を守るのに、集団的自衛権に何の意味もない。安倍政権は、日米安全保障がらみで、国民の意志に反して、憲法を改正せずに、集団的自衛権に突き進もうとしている。だが、国を守るには、日米安全保障を考慮しても、個別自衛権で十分なのに、集団的自衛権という自国の意思に反する戦争に巻き込まれる国家的リスクを背負いこもうとしている(*注)。だが、これが不適当であることは国民は本能的に理解している。

参考までに記せば、日本は、1995年と2005年に二つの国会決議をしているが、国会議員だけでなく、一般国民も、もう一度、読み返していくことは、平和を維持し、拡げていくことを理解することに無意味ではないだろう。日本は、世界に向かって、平和の配当を受けることが、いかに諸国家人民にとって大切か、広めることが第一であろう。次に二つの国会決議の原文を示す。

◎1995年の戦後五十年の衆議院国会決議「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」

「本院は、戦後五十年にあたり、全世界の戦没者及び戦争などによる犠牲者に対し、追悼の誠を捧げる。

また、世界の近代史上における数々の植民地支配や侵略的行為に思いをいたし、わが国が過去に行ったこうした行為や他国民とくにアジアの諸国民に与えた苦痛を認識し、深い反省の念を表明する。

我々は過去の戦争について歴史観の相違を超え歴史の教訓を謙虚に学び、平和な国際社会を築いていかなければならない。

本院は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念の下、世界の国々と手を携えて、人類共生の未来を切り開く決意をここに表明する。右決意する」

◎2005年の戦後六十年の衆議院国会決議「国連創設及び国の終戦・被爆六十周年に当たり、更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議」

「国際平和の実現は世界人類の悲願にもかかわらず、地球上に戦争等による惨禍が絶えない。戦争やテロリズム、飢餓や疾病、地球環境の破壊等による人命の喪失が続き、核兵器等の大量破壊兵器の拡散も懸念される。

このような国際社会の現実の中で、本院は国際連合が創設以来六十年にわたり、国際平和の維持と創造のために発揮した叡智と努力に深く敬意を表する。

われわれは、ここに十年前の「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」を想起し、わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省し、あらためてすべての犠牲者に追悼の誠を捧げるものである。

政府は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念のもと、唯一の被爆国として、世界のすべての人々と手を携え、各兵器等の廃絶、あらゆる戦争の回避、世界連邦実現への道の探求など、持続可能な人類共生の未来を切り開くための最大限の努力をすべきである。右決議する」

*注

安倍政権では、かつての自民党政権でも考えられなかった「武器輸出三原則」さえも緩めようとしている。2014年4月1日には「防衛装備移転三原則」が閣議決定している。これは明らかに武器輸出を想定したもの。理由は、どうであれ、日本が軍需産業の後押しをしていいものか。平和国家を標榜する日本が武器を輸出すると聞いて、外国人は日本政府に対して不信感を持つようになっている。日本にとって、世界平和を維持発展させることが、ひいては国際世論を味方にすることにつながり、結果的に、それが安全保障になることを忘れてはならない。

|

2014年4月 2日 (水)

消費税増税と便乗値上げ

消費税が、平成26年4月1日から3%上がって8%になった。国の状況からすれば、国民から国への所得移転も、ある程度やむを得ない面もあるが、所得が上がらない層には厳しい現実が待ち構えている。たった3%のアップと言えども、円安によるガス、電気の値上がりがしている状況下、いろんな物やサービスの価格が上昇する。

ということで、消費税アップを機会に便乗値上げしている業界もある。物品の方は値上げに慎重だが、主として飲食業は消費税アップ分より、かなり値上げしている所が多いと感じた。あるコーヒーショップチェーンは、25%も値上げしていた。定食屋も、20%程度値上げしている所も多い。

ところが、現在の所、客足は、今のところ、そんなに落ちていないようだ。消費者が消費税アップは仕方ないと思って勘違いして便乗値上げに気が付いていないのかもしれない。ムードに煽られて、価格に対する感度が落ちているのかもしれない。これが消費税の怖さだ。

だが、飲食業界のようないい加減な価格設定をしていると、いずれ反動が来ることを覚悟せねばならないだろう。とりあえず、流風は外食を減らし、喫茶店に寄るのも控えていきたい。

政府は内需拡大の政策に手を打つべきだが、公共投資以外、何もできていない。国内経済は、景気は徐々に低下していく可能性がある。経営者は、自ら需要開発するか、あるいは国にそれぞれの業界として知恵を提案する必要があるだろう。

*追記

安倍政権は、日銀に金融緩和をさせ、円安誘導を試み、円安に振れているが、輸出は期待したほど伸びていない。輸出企業は、すでに海外で現地化が進んでおり、輸出が伸びないのだ。結局、一般国民に円安による輸入インフレのしわ寄せが行き、国内景気を悪化させている。

つまり安倍政権のアベノミクスは、一般国民を犠牲に、円安差益を輸出企業に利益として振り替えているに過ぎない。そこに消費税の増税が上乗せされるが、輸出企業は更に消費税還付で、ウハウハだ。どこかおかしい。

|

2014年4月 1日 (火)

ある女優さんの名言

某夫婦の危機についての感想として、女優の南果歩さんが次のように語っている。

  『「分ってくれるだろう」という思い込みから溝ができていく」

なかなかの卓見だ。離婚経験者ならではの発言とも受け取れる。

ただ、夫も妻も、相手が分ってくれるだろうというポイントは異なる。大体、夫の男というものは流風も含めて、パートナーに対して脇が甘い(流風の場合は過去形だが)。悪く言えば、男は大雑把な記憶で、生活を送っている。それに対して、妻の方は、日常の細々とした記憶の積み重ねを夫も分っているだろうという考えが夫との溝を生む。

もちろん、溝を生む原因は他にもあるかもしれないし、夫婦によって様々だが、基本は変わらないと思う。そういうことから段々溝が深くなって、夫婦の危機が訪れる。親子でも、その相互の理解は難しいのに、所詮、夫婦は他人なのだから、尚更ということを忘れてはならないということだろう。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »