« 『絵画でめぐる京都・美の探訪』展に行く | トップページ | 「しろまるひめ」と「姫路お城の女王」 »

2014年4月22日 (火)

額の色紙を『日々是好日』に

桜も散りかけているので、桜の色紙絵に代えて、今回は絵ではなくて禅語の『日々是好日』にしてみた。これには深い意味があり、表面的な文字で見ると間違った解釈をしてしまう。本意は、今という一瞬を真剣に生きよという意味らしい。

明日はあるようで、明日はないということだろうか。今、できることは、すぐやって明日に延ばそうと考えるなとも受け取れる。父は、気がついたら、ごみを拾うと言っていたが、そういうことも大事だと、最近、気づいた(苦笑)。積み重ねは大切。

*追記

なお、『日々是好日』については、過去に、2012年5月7日付で、「明日はない~日々是好日」として、詳しく記している。ご参考まで。

|

« 『絵画でめぐる京都・美の探訪』展に行く | トップページ | 「しろまるひめ」と「姫路お城の女王」 »

考え方」カテゴリの記事