« 室内に咲く“夜桜” | トップページ | 消費税増税と便乗値上げ »

2014年4月 1日 (火)

ある女優さんの名言

某夫婦の危機についての感想として、女優の南果歩さんが次のように語っている。

  『「分ってくれるだろう」という思い込みから溝ができていく」

なかなかの卓見だ。離婚経験者ならではの発言とも受け取れる。

ただ、夫も妻も、相手が分ってくれるだろうというポイントは異なる。大体、夫の男というものは流風も含めて、パートナーに対して脇が甘い(流風の場合は過去形だが)。悪く言えば、男は大雑把な記憶で、生活を送っている。それに対して、妻の方は、日常の細々とした記憶の積み重ねを夫も分っているだろうという考えが夫との溝を生む。

もちろん、溝を生む原因は他にもあるかもしれないし、夫婦によって様々だが、基本は変わらないと思う。そういうことから段々溝が深くなって、夫婦の危機が訪れる。親子でも、その相互の理解は難しいのに、所詮、夫婦は他人なのだから、尚更ということを忘れてはならないということだろう。

|

« 室内に咲く“夜桜” | トップページ | 消費税増税と便乗値上げ »

男と女」カテゴリの記事