« 落語『八五郎出世』を考える | トップページ | 他人の不幸と落語『胡椒の悔み』 »

2014年5月 6日 (火)

チャリ&テクシー

チャリ & テクシーは、ローマ字と英語で表記すれば、CHARI & WALKとなるのかな。CHARIは、「チャリ」、すなわち「チャリンコ」。これでも分らない人に説明すると、「自転車」のこと。テクシーは、大正時代から言われていた「徒歩」のこと。もちろん、タクシーをひねった言葉。

今、マイブームは、このチャリ & テクシーである。寒い間は、バス&テクシーが多かったが、暖かくなり、バスの代わりにチャリを多く使っている。晴天に車やバスに乗るのは勿体ない気持ち。そうすると、不思議とテクシーによる歩数も伸びている。

神戸は、歩く街としてデザインされているため、楽しみながら歩けるが、こちらは、残念ながら、まだ開発途上。最近、面白い施設が少しずつ増えているから、将来的にはテクシーのみの日も増えるかもしれない。

今は、バス停を10ぐらいの距離を歩いても、そんなに楽しめない。よって途中まで、チャリで行き、無料の駐輪場か、あるいは有料の駐輪場に預けて、そこからテクシーとなるのだが、駐輪場は今のところ、限られている。残念ながら車の駐車場ほど整備されていない。

駅近くには、ビジネスマン向けや商業施設の駐輪場はあるが、それでも絶対数は少ない。需要との兼ね合いで、致し方ない所だろう。もう少し、各所に駐輪場が増えてくれればいいのだが。よって今は、駐輪場に限界があるので、テクシーの範囲は限られている。それでも、結構、楽しめる。バスでは見えない風景もある。

歩いていると、駅近くではないのだけれど、新しい店や催しを発見する。そして新しい興味がわく。いい循環。それにバス代も浮く。更に、最近は喫茶店にも、あまり寄らなくなった。更に浮く。消費税アップ分は賄えそう(笑)。まあ、以前にも記したが、流風は定額消費なので、浮いた分は、どこか別の所に使ってしまう。そういうことで、チャリ & テクシーは、より楽しい。

|

« 落語『八五郎出世』を考える | トップページ | 他人の不幸と落語『胡椒の悔み』 »

医・食・健・康」カテゴリの記事