« 商店街と催しの定期化 | トップページ | チャリ&テクシー »

2014年5月 2日 (金)

落語『八五郎出世』を考える

    恋ぞ積もりて 扶持(ふち)となる 妾(しょう)が兄

最近は、「お妾(めかけ)」という言葉はあまり使わない。語源は「目をかける」ところから来ているらしい。現代で言えば「愛人」だろうが、正妻以外に女性を囲うことは同じだが、どこかニュアンスが異なる。敢えて記せば、奉公と契約の違いかな。

ところで、川柳は、いろんな人間関係を冷やかに端的に表現するのに役立つ。上記の川柳は、権力者の気まぐれな恋が、お妾の縁戚にまで影響を及ぼす、ということを表している。お妾のおねだりが、彼女の兄弟縁者に幸運をもたらすことへの皮肉。

こういうことは、歴史的に世界で、延々と続けられてきた。玄宗皇帝の寵愛した楊貴妃の場合も、そうだろう。兄弟が取り立てられて権勢を振るっている。平安時代は、藤原氏が外戚として権勢を我がものとしたし、江戸時代には、殿様が手をつけた女性が、側室になったりすると、その兄弟が取り立てられたりしている。

落語にも、『八五郎出世』というものがある。別名は『妾馬』となっている。孝行娘で長屋で貧乏暮らしをしていた、おつるちゃんが赤井御門守に見染められる。そしてお妾として上がる。そして、ついには、お側室にまでなる。

更に、幸いにも、懐妊して、男子出生。赤井御門守に男の子はなかったから、御世継ぎを産んだことになった。その結果、「おつるちゃん」は「おつるの方」に。更に、彼女の兄の八五郎まで、侍分に出世し、「左様しからば」とか何とかという身分になる。

その八五郎、殿様より、お屋敷に招かれる。でも、彼の気性は職人気質で飾り気がなく、下町の長屋暮らし人間の典型。周囲は、お殿様のご機嫌を損ねないかとハラハラするが、お殿様は逆に八五郎の気性を気に入る。おつるの願いも有り、士分に取り立てられる。

そういうことで、ある時、御使者を仰せつかって、馬に乗って出かけて行ったが、馬術の経験は全くないから、馬を走らすことはできても、それを止めることはできない。止むなく、鞍にしがみついて、青くなっていると、家中の者が、やっと止めてくれる有様。

そして、家中の者に皮肉を込めて、「これはこれは八五郎殿。早打ちで、いずこに参られるか」と問うと、八五郎「さぁ、どこへ行くのか、馬に聞いておくんなさい」と下げ。

落語は、これで一旦終了することが多いが、この続きは、更にあり、八五郎は、やがて堅苦しい武家の奉公に閉口して、ついには、武家奉公を投げ出し、元の職人に戻っていく。殿様から頂いたお金を元にして、職人を新たに雇い、棟梁としてやっていく。

更に、女房も迎え、貫録もついていき、ほっとしたところ、おつるの健康状態が産後の肥立ちが悪くて、それが心配の種というような普通の庶民の生活を送るようになったとさ。

この落語の教える所は、たとえ係累の出世による実力の伴わない出世は空しいということ。そして、人には、それぞれ与えられた使命と適性があるということだろう。親類縁者の出世は喜ぶべきだろう。だが、たとえ、周囲が囃しても、自分は自分という心構えを持たないと危ういということだ。

|

« 商店街と催しの定期化 | トップページ | チャリ&テクシー »

古典文学・演芸」カテゴリの記事