« 『万葉集』の唐荷の島の歌 | トップページ | 幾度かの危機を乗り越えた姫路城 »

2014年6月22日 (日)

姫路城全景を、どこから見るか

マスコミの一部には、「白すぎる姫路城」と報道していたが、以前の昭和の改修時にも、白くなっていたそうで、塗り替えたのだから当然のことだ。今まで、くすんだ姫路城を見慣れているものだから、少し違和感を覚えたのであろう。よって本来の白鷺城をしばらく見ることができるということだ。多くの人には、くすまないうちに早く見て欲しいものだ。

ところで、姫路城を見る絶景?ポイントはどこだろうか。菱の門手前のお堀端から見上げている人は多いと思うが、一応、知る限りのお城の周辺からのポイントを記しておこう。

①まず、姫路駅前にある展望デッキのポイント。お城を正面に見ることができる。

②次に、ちょっと交通に注意しなければならないが、大手前通りから見上げるポイント。

③一番よく知られているのが、お城の東南方向にある城見台公園のポイント。原寸大の鯱瓦の間から見ると美しい天守閣が。石段に上って見るのが美しいとされる。

④イーグレ五階の屋上庭園は、お城に近く、全景が見える。流風のお薦めポイント。午前8時30分から北側入口エレベーターが利用できる。東から、帯の櫓、大天守、西小天守、ちの櫓、菱の門、化粧櫓、カの櫓、ワの櫓等が一望できる。但し、午後6時までだ(夏期は午後9時まで)。望遠台も設置され、これは有料で100円だ。

⑤ついでの時は、三木美術館の五階の応接室もいい。美術館への入館が必要だが、じっくり見ることができる(但し、五階で催しがあると不可)。

⑥お城の東側にある姫路市立美術館の庭園から見るポイントもある。なお市立美術館は旧陸軍の兵器庫として利用していたレンガ造りの建物で個人的には、姫路城の景観を邪魔しており、お城とのマッチングは悪いと思う。

⑦更に行くと、兵庫県立歴史博物館がある(有名な建築家・丹下健三氏の設計)。そこの西の窓ガラスに写り込む姫路城もいいと言われる。また館内の2階にエスカレーターで上がった所から見る姫路城も美しい(ここまでは入館無料)。常設展示場(有料)には、城関係の展示も有り、参考になる。

⑧県立歴史博物館を西に行くと、シロトピア記念公園がある。東小天守と乾小天守をつなぐロの渡櫓が見える。ただし、昼間は逆光。朝早く行くか、夕方に行くのが良いというのが専門家の見方。

⑨お城の北西にある姫路文学館から見る姫路城も、また違った風情だ。時期によっては、絶景と感じる。近くにある男山配水池公園の上からも見てみたい(石段が200段あるので、少しきついけれど)。

⑩お城の南西の方角から見るポイントは、あまり有名過ぎるが、斜め方向から見る、ここもいい。南西とは言えないが、家老屋敷公園から見る姫路城もいい。ただ、門外ではなく、門内から見た方が絵になるという人もいるが、今回は、門外から見るポイントを挙げている。

もっともっと見学スポットはあるだろうが、これくらいにしておく。更に姫路城の四季も楽しんで欲しい。同じ姫路城なのに、雰囲気がまるで違う。季節ごとに楽しんで欲しい。

また、これらは城周辺観光ループバスの1日券(大人300円、小人150円)を利用すると少し楽だし経済的だ。ただし、3月から11月の間は毎日運行しているが、12月から2月の間は、土曜・日曜・祝日のみなので注意。

もちろん、貸し自転車の利用(観光案内所にて手続き。無料)してもいいし、歩くのに自信がある方は、時々休憩しながら、城の周囲をぐるっと見て歩くのもいいだろう。また、大きい自転車は苦手という方には、有料(基本料金一日100円)だが、貸し自転車「姫ちゃり」というのであれば、小型自転車のなので、誰でも乗れるだろう(利用にはクレジットカードが必要)。

*平成27年2月25日追記

なお、世界遺産登録を記念して、公募で選んだ「世界遺産姫路城十景」というものもある。記事で挙げたものと重複するものもあるが、一応紹介しておく。どちらかというと、遠景も取り上げている。

 一、増位山

 二、シロトピア記念公園(兵庫県立歴史博物館周辺)

 三、姫路市立美術館

 四、城見台公園

 五、姫路城三の丸広場

 六、男山配水池公園

 七、名古山(霊園のあるところ)

 八、景福寺公園

 九、大手前通り

 十、手柄山

*平成27年10月22日追記

今年で10回目になる催しを紹介しておく。それが、「第10回 ぐるっと360度姫路城スタンプラリー」というもの。平成27年11月29日の日曜日に催される。主催は、「大好き!姫路」つくろう会。問い合わせは、佐賀とも子氏(090-2191-9189)とのこと。

◎受付場所 イーク゜レひめじ1階 西北入口

◎受付時間 午前10時より10時30分まで。

◎定員 100名。先着順

◎参加費 無料

◎所要時間 約1時間30分

◎コース 

イーグレひめじ1階→イーグレ姫路5階屋上→大手前公園→城見台公園→護国神社北側→東御屋敷公園西の道→喜斎門前内濠→内濠東沿い(姫路市立美術館西側)→県立歴史博物館→シロトピア公園→北勢隠門跡→姫路神社→濠の始まり勢隠濠沿い→紅葉の小径→南勢隠門跡→好古園前

◎完歩賞 好古園入場券

一人で行くには、不安だという人に向いているかもしれない。姫路城をいろんな角度から楽しんで欲しい。

|

« 『万葉集』の唐荷の島の歌 | トップページ | 幾度かの危機を乗り越えた姫路城 »

姫路と播磨」カテゴリの記事