« 二つの「横笛」のこと その六(完) | トップページ | 欲張らないこと 『老子』第四十六章 »

2014年7月20日 (日)

第47代「姫路お城の女王」決まる

神戸新聞によると、第47代姫路お城の女王が決まったようだ。瓦井瞳子さん、永井成美さん、山崎由貴さんの3名。3人共に姫路市在住の大学生らしい。写真を見る限り、現在のお城の女王同様、ふくふくしい。明るく元気そうな、お嬢さん方のようだ。

初登場は、「姫路お城まつり」(8月1日~8月3日)の8月2日で、会場となる大手前公園の市民ステージで披露される。その後は大パレードに参加予定(*注)。なお、大パレードは小雨決行だ。暑いので、扇子か団扇を持参し、帽子は必携。

任期は、今回は、イレギュラーで、9ヵ月間。というのは、来年は、「お城まつり」が5月上旬に開催されるらしい(でも、「お城まつり」はずっと、5月開催でお願いしたいものだ。8月の祭り開催は暑いし参加しにくい)。関心ある方はカメラ片手に是非見に行って欲しい。

*注

今年の「姫路お城まつり」の8月2日には、市民ステージ(大手前公園にて、午後1時より午後9じまで)や大パレード(大手前通りにて、午後2時30分午後8時まで)が行われる。

なお、オープニングセレモニーには、「軍師官兵衛」の後藤又兵衛役の塚本高史さんが特別ゲストとして参加。

まず、例年の如く、ほら貝が鳴り響き、備前岡山城鉄砲隊の演武が夏空を轟かす(多分、時間は午後1時過ぎ)。そして東映の剣会による黒田官兵衛をテーマにした寸劇。その後に官兵衛、長政、二十四騎の登場。黒田家当主もお目見え。それに官兵衛ゆかりの地、姫路・長浜・瀬戸内・福岡・中津の人々がそれぞれアピールするイベントも。

夕方から始まる「歴史パレード」には例年になく力が入る。「燃えよ!官兵衛!熱き夏!」をテーマに、各種パフォーマンスが繰り広げられる。

その他には、「毛槍鋏箱行列」、「千姫輿入れ行列」、「子ども大名行列」等がある。また現在の第46代「姫路お城の女王」が、「督姫」「千姫」「喜代姫」に扮する。

またイーグレ姫路 あいめっせホールでも、各種催しがあるそうだ。なお、8月2日に限って、姫路城、好古園、動物園の入園料が無料。また美術館、姫路文学館の常設展に関しては入館料無料だ。あちらこちらで涼みながら、パレードを楽しむパターンがよさそうだ。

*参考

   第65回姫路お城まつりイベント詳細

   http://www.city.himeji.lg.jp/contents/oshirofes/event/

|

« 二つの「横笛」のこと その六(完) | トップページ | 欲張らないこと 『老子』第四十六章 »

姫路と播磨」カテゴリの記事