« 二つの「横笛」のこと その三 | トップページ | 二つの「横笛」のこと その四 »

2014年7月17日 (木)

顧客情報流出問題に思う

某通信教育大手から顧客情報流出で大問題になっている。洩らしたのは、下請けの派遣SEだと言うことだ。もちろん、金目当てで情報を漏らした、この社員が悪いことは確かだが、某通信教育大手の情報管理があまりにも甘かったことは否定できない。

経営としては三流だろう。今までにも、このような事件は多数起こっているが、意外と洩らされた企業の罰則は特になく緩い。基本的に、情報を漏らせば、企業の死命を制せられるというくらいの覚悟が経営者に必要だ。

当局も、行政指導で、事業停止命令を出すくらいにしないと、今後も、このような事件が起こるだろう。事件が起こるのではなく、起こさない仕組みを企業がしっかり採らないと、今後は企業の命運も左右しかねない。

該当企業は、本来、一時的に事業停止して、体制を作り直してもらいたい。そうすれば顧客は一時的に流出するだろうが、今一段高い質の高い経営をするには止むを得ないだろう。

|

« 二つの「横笛」のこと その三 | トップページ | 二つの「横笛」のこと その四 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事