« 「足るを知る」 『老子』第四十四章 | トップページ | 違和感がある姫路城周辺施設 »

2014年7月26日 (土)

セラミック製大根おろし器への変更

大根おろしが好きだった父の影響で、大根おろしが大好き。毎朝、食卓に上る。長年、アルミのおろし金を使ってきたが、そろそろへたってきたので、買い替えることにした。今回、購入したのは、セラミックおろし器。

だいぶん前に、知り合いの女性から紹介された物を思い出して購入。直径20センチと大きい。今までと違って、大根をぐるぐる回しながら摺って行く。割とおろしやすい。これなら、もっと早く買い替えるべきだった(*注)。

流風、よく、こういうことがある(好いように言えば、新しい物に、すぐ飛びつかない)。世の中には、便利なものがたくさんあるに違いない。その辺の情報は、主婦の皆さんと違って、少し疎い。

主婦の皆さんは、お互いの情報交換を通じて、いろんな情報を入手・確認しているのだろう。ネットの情報もいいが、人を通じる情報も大切と改めて認識。

*注

ただ、保管場所に若干場所を取るというのが、少し難点と言えば難点。

|

« 「足るを知る」 『老子』第四十四章 | トップページ | 違和感がある姫路城周辺施設 »

医・食・健・康」カテゴリの記事