« サラリーマン化する芸人達 | トップページ | 米国の対中政策の考え方 »

2014年8月21日 (木)

千円カットの時代

まだまだ店舗数は少ないが、少し前から千円カットの理髪店がある(消費税別)。前首相も、よく利用していたらしい。カットのみで洗髪もヒゲ剃りもない。このような店が出た頃は、ちょっと敬遠していたが、最近、利用してみると、結構便利だ。カット時間は短いし、料金も安い(工程を抜いているのだから当然だが)。二週間に一度利用しても、月二千円(消費税別)。

利用者も、若い人たちだけでなく、中高年のサラリーマンの利用も多いようだ。営業マンも、ちょっとした空き時間を利用してカットできる便利さもあるだろう。退職者と思しき人も利用している。もちろん、子どもの利用もある。更に高齢のお婆さん達も利用している。

母が生きておれば、喜んで利用したと思う。晩年、刈り上げだったから、別に美容院でする必要もなくなったし、母は、どの美容院も満足できなかったようだから、ここなら料金的にも安いので、多分、満足しただろう。

ただ、展開している店舗が、まだ少なく、やや不便な所にある。駅の構内にある店もあるが、まだ少ない感じ。スポットのカット利用からすれば、利便性に配慮して欲しいものだ。

*追記

長年、理美容業界は、安定して店舗数を増やしてきたが、ここへ来て、経営は厳しくなっているようだ。閉める店も徐々に増えている。価格破壊もなく、業界全体がもたれ合いの状態だったが、今後は二極化も考えられる。都市部では、カット、洗髪・染め、ヒゲ剃りと分業独立した形態が増えるかもしれない。

|

« サラリーマン化する芸人達 | トップページ | 米国の対中政策の考え方 »

経営関連」カテゴリの記事