« 官兵衛創作人形展観覧 | トップページ | 姫路市が姫路城「中曲輪」内の整備に動く »

2014年9月19日 (金)

納豆のタレは必要か

かなり前から納豆を常食している。若い頃、関西人の流風が納豆を覚えたのは、あの牛丼屋。朝定食にあったから。初めは、少し勇気がいった。食し方も分らない。周囲の人の真似をして、こうして食べるのかと思ったものだ。それ以後、よく食するようになった。

初め見た食べ方は、納豆に、ウズラ卵、ネギ、おかか、辛子、醤油をかけて、ぐるぐるかき混ぜ、御飯にかけていた。その後、ウズラ卵を抜き、ネギもおかかも止め、最近は、辛子も醤油もかけない。要するに納豆のみ。

ところが市販されている納豆のほとんどがタレが付いている。全てゴミ。タレ要らないから、その分安くして売ってくれないかな。そんなことをしたら付加価値を付けられなくなって、儲からないという声が業者から聞こえそうだが、納豆自体の品質を上げれば、それは可能では。

|

« 官兵衛創作人形展観覧 | トップページ | 姫路市が姫路城「中曲輪」内の整備に動く »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 官兵衛創作人形展観覧 | トップページ | 姫路市が姫路城「中曲輪」内の整備に動く »