« 姫路市が「連携中枢拠点都市」になれば その一 | トップページ | 婚活の有効期間は2年 »

2014年10月26日 (日)

姫路市が「連携中枢拠点都市」になれば その二

また、姫路市が、「連携中枢拠点都市」になれば、播磨地域の全ての13市9町関連民間事業として望まれるものは次の通り。

一、播磨各所の寺社仏閣を活かした時代劇村の設立

その場合、住民、観光客参加型のエンターテイメント性を持たせるが求められる。京都の太秦の映画村が参考になる。

二、地場の映画を撮るための映画撮影所の設立

ロケ地の振興は、すでに行われているが、撮影所を持つ・持たないが大きい。

三、伝統芸を継承する播磨演芸場の設立

落語・漫才・講談・浪花節といった庶民芸能から、能、狂言、文楽等を観光客が気楽に観られる場所の提供。

四、立地による飲食店のテーマ性を持たせる

現在、飲食店の業態がばらばらに展開しているが、神戸の南京町のように、播磨独自の食べ物を特別な飲食業態として、一か所に集中させる手法も取り入れる。

五、公共の美術館の催しを補う百貨店内における店内現代美術館の設立

現在、美術館、文学館は、展示内容コンセプトが、はっきりしない。これらの施設の改廃か゜求められる。ただ、整理すると、はみ出す分野も出てくるので、本来は、「現代美術館」が必要だが、当面、百貨店等の協力を得て、店内現代美術展を促す。また規模は問わず、店外の画廊提携ビジネスも促進する。また将来、「現代美術館」を設立する場合は、駅南に作るべきだろう。

六、駅前土産物店の充実

現在、姫路市には、土産物店が少ない。観光客の利便性を高める必要がある。また観光客が手ぶらで帰れるような仕組みも求められる。

また海外旅行者国別の土産物マーケティングも必要だ。それぞれの嗜好に合うものを揃えることは大切だ。播磨の文化的特色を大事にしながら、彼らの土産物嗜好を熟知して、品揃えをする必要がある。海外の旅行者には、百円ショップが支持されており、彼らの手法も検討に値する。

七、百貨店による播磨地区域内物産展の充実

地域を越えた土産物になりうる物産の交流が求められる。もちろん、各地域の独自性を無くさないような配慮は必要だ。確かに、播磨地区の物産販売所としては、JR姫路駅南に「播産館」がある。コンセプトは、播磨地区圏内物産の理解を高め、消費を促すことにあるのだろう。

しかしながら、ほとんど知られていない。観光客は、立地上、見向きもしない。地元民も利用することはない。このような販売所は、百貨店のテナントとして入居するか、その周辺に作る必要がある。それは土産物店と同じだ。

八、仮称「はりま大祭り」全域同日開催

地域の統一性を持たせるため、同日に、「はりま大祭り」を春・秋開催する。

九、地域内の宿泊連携の強化

圏内の観光旅行者は、更に伸ばすことは十分可能。例えば、姫路城だけても、観光客を400万人にするぐらいのことは考えられる。そうなると、問題は、宿泊施設の確保だ。周辺各地域に観光客を誘導出来ればベストだ。いろんなレベルの宿泊施設が量と質で求められる。また客を融通しあうシステムも従来より求められる。

十、欧米系旅行者のための格安民宿の組織化と広報

播磨圏内の海外旅行者向けの民宿ネットワークの確立が求められる。そして、それが彼らの口コミに載るような料金とサービスが必要だ。

十一、特徴ある沿線開発及び各駅周辺の再開発

JR及び山陽電車の特徴を持ったバランスの良い沿線開発が求められる。それには先ず、各駅周辺の再開発が求められる。それには集客できる仕組みも必要だ。駅の規模に捉われず、地域住民を巻き込み、NPO等各種組織の活用も含めて、柔軟に考える必要があるだろう。

十二、播磨観光地図の発行

現在、播磨全体を対象とした観光基本地図、道路地図(冊子タイプ)がない。観光地では、必須だが、他の観光都市を参考にして、各種地図の整備が求められる。そうすれば、そこから派生する多様な地図が発生して、観光者の利便性を図ることが可能。

十三、海外旅行者向けの免税店の充実

海外旅行者向けの免税店の充実が求められる。彼らの行動ルートにマッチングした店の展開と免税店マップの発行が必要だ。

十四、海外旅行者向けの無料公衆無線LAN環境促進

海外旅行者向けの無料公衆無線LAN環境が整備されている店舗等のリスト一覧を作成する。更に、未環境施設には、整備を促す。

十五、播磨地区の総合ファッションショー「ハリマッション」(仮称)の振興

播磨地区のアート、工芸、衣服等を広めるため、姫路の玄関口等で、プロ・アマの定期的な総合ファッションショーを開催する。略して、仮称「「ハリマッション」等のネーミングが求められる。

以上

*追記

この記事は、書きかけで後日、追加変更する可能性があります。

|

« 姫路市が「連携中枢拠点都市」になれば その一 | トップページ | 婚活の有効期間は2年 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫路市が「連携中枢拠点都市」になれば その一 | トップページ | 婚活の有効期間は2年 »