« 機を見て変ずということ | トップページ | 陶淵明の漢詩『飲酒』を味わう »

2014年10月13日 (月)

減塩食を作る その十二 減塩豆スープ

久しぶりに、減塩食について、記そう。減塩豆スープだ。基本的に、コンソメ、塩を使わない。コンソメは、塩分が多く、減塩するためには使用を控えるようにしている。作り方は簡単。

一、タマネギのみじん切りと鶏肉を細切れに胡椒し、オリーブオイルで炒め、適当に焼き色が付いたら、火を止める。

二、出汁(昆布と鰹節)を入れ、豆(市販の水煮の豆)一袋とトマトの缶詰を一函を投入し、煮る。

三、ある程度、煮えたら、トマトジュースかトマト系野菜ジュースを適量入れ、しばらく煮ると出来上がり。

トマトは、本来、身体を冷やすが、温め料理では問題ない。この他に、タマネギをショウガと一緒に炒めてもいい。肉類は、鶏肉でなくてもいいと思う。この料理は、気温が18度以下の秋・冬限定にしている。少しぐらい多めに作っても、日持ちするから、温め直しが利く。

|

« 機を見て変ずということ | トップページ | 陶淵明の漢詩『飲酒』を味わう »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 機を見て変ずということ | トップページ | 陶淵明の漢詩『飲酒』を味わう »