« 意志と意思 | トップページ | 日本発、通貨バブルの危うさ »

2014年10月31日 (金)

秋の雨と万葉集

明日から3連休なのに、天候の方は、あまり宜しくない予報が出ている。秋雨になりそうな雰囲気だ。だが、晴れた秋空もいいが、雨を楽しむのもいい。今回は、『万葉集』の秋を楽しもう。

まず、大伴利上の歌。彼については、よく分かっていない。

 秋の雨に 濡れつつ居れば いやしけれど

   我妹がやどし 思ほゆるかも

   (巻第八 一五七三)

大意は、「秋の雨に濡れながら佇んでいると、粗末でむさくるしいけれど、あの娘がいる家が思われる。どうしているのだろうか」てな感じ。今すぐにでも、行きたいけれど、行けない事情があるのかもしれない。人恋しい季節でもありますな。

もう一つが、藤原八束の歌。彼は、藤原不比等の孫。藤原房前(ふささき)の子ども。春日を題材にした歌だ。

 ここにありて 春日やいづち 雨障(あまつつ)み

  出でて行かねば 恋ひつつぞ居る

     (巻第八 一五七〇)

大意は、「ここから見て、春日は、どの辺りなのだろうか。雨が降って邪魔されて、出掛けたいのに出かけられないので、より一層、思いが募るばかりである」というような感じかな。春日には、どなたか想い人がいるのかな。

 春日野に しぐれ降る見ゆ 明日よりは

  黄葉(もみち)かざさむ 高円(たかまと)の山

      (巻第八 一五七一)

大意は、「春日野に、ちょうど細い糸みたいにさーっと、しぐれ雨が降っている。明日からは、高円の山は、すっかり、もみじ色に飾られるのだろう」という風な感じなのだろうが、春日野には行ったことが無い。実際、足を運ばなければ、本当の意味は分らないかもしれないが、何となく、雰囲気は分る気がする。

なお、当時の「もみじ」は「黄葉」で、「もみち」と濁らない。「紅葉」より「黄葉」の変化を楽しんでいたようだ。赤く変化する木々の葉より、黄変する木々が多かったのかもしれない。いずれにせよ、一雨ごとに秋は深くなり、人の心も動かされるということだろう。紅葉のためには、雨が降るのも仕方ない。今年は、どこに紅葉狩りに行こうか。

 

|

« 意志と意思 | トップページ | 日本発、通貨バブルの危うさ »

古典文学・演芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意志と意思 | トップページ | 日本発、通貨バブルの危うさ »