« CD「愛しきあなたへ」を買う | トップページ | 男も腰巻? »

2014年11月14日 (金)

組織運営七つの原則

組織運営には、七つの原則があるという。基本的に、組織の規範・ルールの徹底、判断基準の設定、行動原則の設定、行動原則内の結果重視、人材の客観的能力評価、人材の器の育成などが求められる。

具体的には、次のように表現される。

一、賞罰は、行為の是非のみで判断すること。

二、結果は、運とかではなく、その行為の善し悪しにのみ起因することを知らしめること。

三、罰則は、決めたルールによって、厳正に、決められるものであること。

四、人材の評価は、賢愚によって分けるもので、好き嫌いで判断してはならないこと。

五、人の登用は、器量によって決めるもので、第三者の告げ口、陰口、流言で左右されてはならないこと。

六、組織としての判断基準を持ち、それをベースに決定し、その他の曖昧な判断はしないこと。

七、すべてのことは、信義に基づき、それに反しないこと。

これらは、『韓非子』に基づくものだが、現代の組織運営でも通用する。基本的に危ういのは、情実に左右されることだ。「情」による味付けは認めても、情に流されれば、組織は保てなくなる。情理バランスは必要だが、理が優先することが大切だ。

但し、トップは別だ。理を優先させ過ぎると、うまく行かない。若干、情を優先させた方が、組織がまとまる。

|

« CD「愛しきあなたへ」を買う | トップページ | 男も腰巻? »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CD「愛しきあなたへ」を買う | トップページ | 男も腰巻? »