« 河合寸翁のこと その四 姫路藩改革へ | トップページ | 河合寸翁のこと その六 藩政改革 弱者救済 »

2014年11月 6日 (木)

河合寸翁のこと その五 藩政改革 新田開発による米の増産

今回から、河合寸翁の藩政改革を具体的に見ていく。まず、彼は、領民優先の政策を実行する。スローガンに掲げたのが、領民の安寧。かつての領主は、年貢の強制徴収により一揆が度々起っていた。寸翁は、逆転の発想をする。当時の主力産業は何と言っても農業。これを安定的に発展させることに臨む。そして新田開発により農業生産を高めることに取り掛かる。

また、藩の財政を潤すには、新しい農地の開発と米の増産と感じたのもあるが、それに領民の年貢に対する不安を無くすことの必要性も感じていた。それには、石高以上の余剰を生みだす必要がある。そのためには、新田が必要だ。

これまでの為政者も、新田開発はしていたが、寸翁のやったのは、圧倒的に規模が大きい。その理由は、現代で言う民間活力の利用だ。彼は、大庄屋や商人に請け負わせて、新田開発を奨励する。ここら辺が、彼の優れているところだ。

これは、町人請負新田といわれるもので、最近、企業が農業に参入しているのと、少し似ている。当時、貨幣経済の発展で資金力を持っていた商人が新田を開発し、農民を雇って耕作させた。すなわち、自力本願だけに頼らず、他力本願も大切にしているのだ。

この方式により、中島の庄助新田、相生新田、大森新田、広畑・新鶴場新田、妻鹿・白浜の太佐新田等で、次々と新田開発される。すなわち、海側の多くの干拓地が、生まれ、耕作地が大幅に増えた。その広さは、実に、3000ヘクタールにもなったという。その結果、米の増収が、なんと9000トンになった。

これの教えるところは、何もかも為政者側が行うのではなく、民のやる気を利用した方が、うまくいくということだ。これは当時の限られた農地で、何の知恵も出さず、農民から年貢搾取する封建社会からすれば、革新的だったと言える。結果的に、石高以上の米の増収で、藩にも蓄えが可能になるし、商人、庄屋、農民にも、大きなメリットがあるという皆が喜ぶ政策になった。いわゆる善循環が働き始めた。

*参考文献

  『歴史読本 姫路のあゆみ』

(姫路市中学校教育研究会社会部会編。姫路市教育委員会発行)

小学生時代に確か読本を読んだ気がするが、すでに手もとにはないので、上記の書籍により、彼の業績を参考にした。中学生向けに作られたもののようだが、一般人にも十分参考になる。

次回に続く。

|

« 河合寸翁のこと その四 姫路藩改革へ | トップページ | 河合寸翁のこと その六 藩政改革 弱者救済 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

早速ご承諾頂き、有難う御座います。

最近は放ったらかしにしていた、私のブログに
見本として画像を上げておきました。

http://fukugankanwa.blog.fc2.com/

次に出す54号は来年一月配布で、今年中に印刷出来ればと思っていますが、どうなりますことやら。

54号の表紙版画は、白浜町中村の「固寧倉」になります。
それで記事に河合寸翁の業績を連載しようと構想しております。
その時は参考としてこちらのブログを記載させて頂きます。
宜しくお願い致します。

投稿: 神澤隆 | 2018年7月 1日 (日) 15時12分

神澤隆様

拙ブログは、もともと若い人たちのために、拙い人生であったけれども、参考になればと記しているものです。

今回、人生の先輩方にお読み頂き恐縮しています。

さて、老人会の冊子に拙ブログ記事を使用したい旨、分かりました。もともと、ビジネスを目的としたブログではありません。

ただ、若い方の中には、趣旨と異なり、文章の改竄利用される方がいましたので、それは、ご遠慮願ってました。

老人会の冊子となれば、半ば公共的性格のあるものなので、また記事の内容から、広く知って頂くためにも、問題はありません。

そのまま利用されるもよし、参考にして頂くのも、差し支えありません。ご自由にご利用ください。

投稿: 流風 | 2018年7月 1日 (日) 07時39分

突然メールの案内などいたしまして失礼しました。

実は私は白浜町の高年者クラブ(老人会)の広報を今年から担当していまして、来年1月に出す広報紙「白秋」54号から3回に分けて河合寸翁の業績を掲載したいと思い、色々資料を集めていたのですが、このグログが充実していましたので、寄稿して頂くか、それがダメならこのブログの内容をベースにしたものを、こちらで書いても良いかを伺おうと思い、7月中旬に完成する「白秋」53号を見本として送付する為、住所をお尋ねした次第です。

又、このコメント欄に画像を添付出来る様でしたら、未だ校正用見本ですが、表紙を添付させて頂きます。

誠に突然で勝手なお願いで恐縮ですが、宜しくお願い致します。

投稿: 神澤隆 | 2018年6月30日 (土) 20時46分

神澤隆様

コメント頂き有難うございます。

今回は、河合寸翁の記事をお読みになったとか。いろんな文献を参考に記したものですが、お役に立ててよかったです。

またメールでやりとりしようとの、ご提案ですが、メールとかは苦手です(笑)。

せいぜい、コメントでのやり取りでいいのでは。返事は遅れがちですが。

また、ホームページを開設されているのであれば、お知らせいただければ、そちらにコメントすることも可能ですが。

投稿: 流風 | 2018年6月30日 (土) 07時12分

初めまして、河合寸翁の事を調べていましたらココに辿り着きました。
丁寧にしかも分かりやすく書かれているのに感心いたしました。
私は白浜町の者ですがブログ主さんは何処にお住まいですか?
突然のことで恐縮ですが、宜しければメールでお知らせ頂けませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿: 神澤隆 | 2018年6月29日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河合寸翁のこと その四 姫路藩改革へ | トップページ | 河合寸翁のこと その六 藩政改革 弱者救済 »