« 姫路城保存修理完成式典とブルーインパルス飛行日程について | トップページ | 万人への人生訓はない »

2015年3月 7日 (土)

姫路水族館に行く

実は、先日、姫路市立手柄山温室植物園に行ったついでに、姫路市立水族館にも行ったので、そのことも記しておく。温室植物園に行った帰り、折角、手柄山まで来たのだから、どこかに寄って行こうと思い、そこから比較的近い水族館に向かった。

歩道橋を北に渡り、どう行くのか少し迷ったが広い道路を北に歩いて行くと、案内板があり、左折すると、「手柄山交流ステーション」なる建物があり、エレベーターで上がり、歩道を歩いてくと、水族館の入口があった。

当日は、たくさんの子供たちで溢れていた。新館・本館共に子供たちにとっては、ここは遊びの聖地だろう。この水族館は、子どもの目線に合わせて設計されており、どちらかというと、「姫路市子ども水族館」の名称が相応しい。わいわいがやがや。大人には、とても落ち着いて観覧できる雰囲気ではない。

本館の観覧もパスして、新館2階に展示してあるモノレールをさらっと観覧。このモノレールは、約50年前、当時の市長が、時代に先駆けて作ったものだが、時代が早すぎて、まもなく廃線になったもの。少し懐かしい。親に連れられて、1回だけ乗ったことがある。

その後は、屋上にある「緑の相談所」と各ガーデンを見学。ここは、水族館と違って、大人の雰囲気(笑)。市の計画では、移転の意向。それは正解だろう。温室植物園と共に移転した時が楽しみだ。

|

« 姫路城保存修理完成式典とブルーインパルス飛行日程について | トップページ | 万人への人生訓はない »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫路城保存修理完成式典とブルーインパルス飛行日程について | トップページ | 万人への人生訓はない »