« 『オセロウ』再読 | トップページ | 『小坂通泰剪画アート展』観覧 »

2015年5月 2日 (土)

よかったドラマ『紅雲町珈琲屋こよみ』

最近視聴して、よかったと思ったドラマに、『紅雲町珈琲屋こよみ』(NHK)がある。富司純子さん主演で、彼女は、和食器と珈琲店主の杉浦草。過去に子供を事故で亡くした経験を持つ。人々の無関心が息子を救えなかったのではと思っている。

そのことを踏まえ、客を含めて周囲との関わりを強めて、積極的にお節介をしていく人間ドラマ。まあ、現実的には、あそこまでお節介することは難しいだろうが、もう少し周囲に関心を持って生活することは可能だろうと思わせる内容。

もう少し他者に関心を持つか否かで、大きく言えば、「社会」を少しずつ変化できるかもというテーマかもしれない。都市では、親子関係でも、希薄化が言われる今日、これではいけないと思いながら、今一歩進めない。そういう反省を促すドラマでもあろう。それに、ゆったりとしたドラマ展開が、有難い(笑)。続編はないのだろうか。シリーズにして欲しいなあ。

|

« 『オセロウ』再読 | トップページ | 『小坂通泰剪画アート展』観覧 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『オセロウ』再読 | トップページ | 『小坂通泰剪画アート展』観覧 »