« 芳香を放つバラたち | トップページ | 見栄えはいいが、、、 »

2015年5月10日 (日)

ある理由で、お米の銘柄変更

お米の消費が減っているとは言うが、私は、朝夕、米食。ただ、お昼は、外食しない限り、パン食が多い。お米は、ある意味「野菜」であり、これを適切に食することは、本来、健康にいいはずだ。御飯は、腹持ちも好いので、間食も避けられるメリットもある。問題は、御飯と共に食する、料理の中身だろう。

さて、最近、ある理由で、お米の銘柄変更した。今まで食していたのは、県産米の某銘柄だったが、最近、お米を炊くと、空気清浄機が異常に反応する。そして、食後、ずっと喉が痛くなる。

体調等その他の要因かと思ったが、とりあえず、お米を変えることにした。秋田県の「あきたこまち」に変更した。そうすると、空気清浄機も反応しないし、喉も痛くならない。これは矢張りという感じ。思い過ごしだろうか。いずれにせよ、しばらく、あの銘柄の県産米は買わないだろう。

* 追記

なお危険な米は、色々あるが、農薬の使い過ぎや、カドミウム等の汚染米がある。その他は次の通り。

一、被爆米、二、工業米、飼料米、三、線路米、四、MA米、政府備蓄米など。

米価が下がり、農業関係者は必死。流通で、おかしなことをする業者もいる。TPPの影響で、米の品質は、下がり続けるかもしれない。国は、国民の健康を守る政策をしているか、少々疑問がある。私達は、どうすればいいのか。

*2015年5月14日追記

その後も、「あきたこまち」を食しているが、問題なし。何と言っても、食後に、喉が痛くなるのがなくなったのが、有難い。やはり例の県産米に何らかの問題があったものと推定できる。国産と言えども、安心できない時代に入っているのかとも思う(但し、生産者の問題か、流通業者の問題かは不明)。

|

« 芳香を放つバラたち | トップページ | 見栄えはいいが、、、 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芳香を放つバラたち | トップページ | 見栄えはいいが、、、 »