« 「大阪都」という妙な呼称 | トップページ | 人間観察は面白い! »

2015年5月18日 (月)

播磨の銘酒~「播州一献」

播磨には、西は赤穂、東は明石まで、日本酒の蔵元が22あるらしい(*注)。私は、残念ながら、ほとんど飲めない口なので、最近まで、知らなかった。ただ、少し気に入って、正月に買う銘柄がある。それは、宍粟(しそう、と読む。読めない、書けないで有名)にある山陽盃酒造が作る「播州一献」の純米酒だ。

これだと、お酒が、ほとんど飲めない私でも、不思議と悪酔いしない。神戸・灘の清酒も美味しいが、これは、また格別。まあ、酒飲みの評価は、また違うかもしれないが。ところが、先日、日本酒愛好家の投票で決まる「第2回松尾大社酒-1グランプリ」で、何と、この酒造会社が出品した「播州一献 純米吟醸『ののさん』生」が、「古式ゆかしい『クールジャパン部門』」でグランプリを獲得した報道があった。

となると、私のセンスも、まんざらではないのかなと思う。もちろん、いつも飲むのと種類は違うが、同じ酒造会社の酒を選択したことが、少し誇らしい。ただ、あまり有名になり過ぎると、今後、入手が難しくなるかもしれない。

*注

     播磨の蔵元紹介のページ

         http://www.harima-sake.jp/moririli/contents000020.html

残念ながら、全ての蔵元のお酒を飲んだことはない。今のところ、3つの蔵元の酒だけ。他にも、美味しい酒があるに違いない。飲めないので、少し時間をかけて、全てを試してみたい。

*追記

なお、「播州一献 純米吟醸『ののさん』生」は、今シーズンは完売とのこと。火入れタイプは、2015年7月に、日本酒専門店で販売するらしい。

|

« 「大阪都」という妙な呼称 | トップページ | 人間観察は面白い! »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大阪都」という妙な呼称 | トップページ | 人間観察は面白い! »