« 関西電力の経営怠慢 | トップページ | 播磨の銘酒~「播州一献」 »

2015年5月16日 (土)

「大阪都」という妙な呼称

大阪では、「大阪都構想」を巡って、政争しているようだが、この「大阪都」とは、妙な呼称だ。本来、「都」というのは、天皇のいらっしゃる所。ところが、大阪には、天皇は、いらっしゃらない。よって、この呼称には無理がある。「大阪都構想」がどのように決するのか分らないが、大阪人は、どのように思っているのだろう。

*追記

ついで言えば、「京都」も、正確には、「旧都」か「「西京都」、あるいは「古都」とすべきかもしれないが、現在、天皇は、常時、いらっしゃらないが、御所もあることだし、容認できる。

|

« 関西電力の経営怠慢 | トップページ | 播磨の銘酒~「播州一献」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関西電力の経営怠慢 | トップページ | 播磨の銘酒~「播州一献」 »