« 見栄えはいいが、、、 | トップページ | 『後藤又兵衛の研究』を読了 »

2015年5月12日 (火)

地域創生という言葉

政府が、「地域創生」と言い始めて、少し時間が経つ。創生とは「新たに作り出すこと」の意味がある。「地域創造」という言葉もあるが、「造」は、物や仕組みを作る意識が強いのに対して、「生」は、「種」からものを育成していく感が強い。

ということは時間がかかるということだ。だから、お金を投じて、すぐに成果は出ない。そのことを皆が分っているのかどうか。基本的に、新しいことを起こそうとすれば、まず、それなりの人材がいる。地域から人を育成するのか、あるいは、他所から人材を持ってくるのか。

ビジネスと同様、シーズを撒かなければ、何も生まれない。そこには、「水やり」、「適切な肥料」、「雑草取り」も必要だ。段階を踏む必要がある。実が成るには、時間がかかることを覚悟しなければならない。それまで、どこまで耐えられるかかが勝負の様である。

|

« 見栄えはいいが、、、 | トップページ | 『後藤又兵衛の研究』を読了 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見栄えはいいが、、、 | トップページ | 『後藤又兵衛の研究』を読了 »