« ある理由で、お米の銘柄変更 | トップページ | 地域創生という言葉 »

2015年5月10日 (日)

見栄えはいいが、、、

毎年、この時期になると咲く白い花がある。母が植えていたもので、花の種類は、分らない。なぜか、まだ詳しく調べたこともない。マーガレットのようでもあり、除虫菊のようでもある。遠目から見る限り、鮮やかな白である。

ところが、近づくと、異様な臭いを放つ。ドクダミとは、また違う臭いだ。あまり関わりたくないが、そうかと言って、抜き去ることもしない放置状態だ。なぜなら、過去に冬の間に抜いたことがあるが、春になると、どこからともなく、新芽を出す。雑草のように強い。この花と、どう付き合うべきか迷う。

*追記

改めて、ネットで調べてみて分ったことは、どうも「ノースポール」というものらしい。1960年代に園芸種としては入ったとのこと。

|

« ある理由で、お米の銘柄変更 | トップページ | 地域創生という言葉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ある理由で、お米の銘柄変更 | トップページ | 地域創生という言葉 »