« 話相手がいなくなった老後~古今集より | トップページ | 2015年の姫路ゆかたまつり »

2015年6月10日 (水)

姫路にも路面電車を

本日、6月10日は、「路面電車の日」らしい。ラジオを聴くまでは知らなかった。なぜ、路面電車の日にしたかは、幾分、こじつけが強い。「路」の「ろ」から「六」とし、「電」を「テン」と読み替え、「十」ということらしい。かなり苦しい(笑)。

さて、姫路にも路面電車が走ればいいとも思う。地下鉄は、東京のような大都市はともかく、ほとんどの都市で、赤字続き。市民にも大きな負担になっている。姫路には、かつてモノレールというものがあったが、やはり大都市ではなかったので、失敗している。

路面電車の方は、線路を付ければ、後は、電車の購入費と維持運営費が課題になるが、線路をはがすコストは、比較的安い。ニーズに合わせて、設置すれば、それなりの効用があるというのは素人考えであろうか。

報道によると、「2015年版交通政策白書」では、「お年寄りが、運転しなくても、便利に暮らせる社会を目指し、次世代型路面電車(LRT)などによる生活の足確保が重要」としている。企業側の提案があるとしても、検討の余地はある。

実際、高齢者の車の運転は、危ない。かといって、地域には移動手段が限られる。となれば、何らかの手が打たれることが望ましい。バス運行には限界があるし、タクシーも料金的下げることは難しいし、将来的には、運転手不足になるだろう。

ただ、高齢者への配慮だけでは限界があるから、他の要因も必要だ。観光に利用してもらえるようにするのも大切な考え方であろう。病院、商業施設等と繋ぐと共に、観光を絡めて地域活性化の要素も組み込むアイデアが望まれる。そうすれば、採算も合うようになるだろう。

姫路では、実験的に、JR姫路駅南から市役所、そして姫路港ルートでやってみたら、どうだろうか。

*2016年9月27日追記

最近の報道でも、バスの運転手の不足が深刻化しているという。それを補うため、神姫バスは、女性運転手の雇用倍増を計画しているらしい。確かに、最近、各種配送トラックで、女性の運転手を見かける。

ただ、バスの場合は、多くの人を乗せているので、結構、気力・体力を要する。適性検査を誤ると、難しい面もある。女性運転手もいいが、神姫バス自体、将来、路面電車の経営に参画することも検討が必要ではないだろうか。

|

« 話相手がいなくなった老後~古今集より | トップページ | 2015年の姫路ゆかたまつり »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話相手がいなくなった老後~古今集より | トップページ | 2015年の姫路ゆかたまつり »