« 篠田桃紅著『百歳の力』読了 | トップページ | 播州弁 その二十一 ほたえる »

2015年6月22日 (月)

播州弁 その二十 ほんまけえ

久しぶりに播州弁を取り上げよう。今回は、「ほんまけえ」。大阪弁なら、「ほんまかいな」かな。「その嘘、ほんま?」とか、「ほんまけえ?」などと言う。疑いつつ、微かに、もしもという感覚が働く。もし、そうだとすると、ちょっと厄介やなという気持ちになる。

事実かどうか、確かめるのだが、このように問うと、どこか柔らかい。まあ、そのように問われても、必ずしも、本当の事を知っているとは限らないので、その後、話は、ぼかされる(笑)。嘘か誠かは神のみぞ知る。おしゃべりな男は、どこにもいる。

|

« 篠田桃紅著『百歳の力』読了 | トップページ | 播州弁 その二十一 ほたえる »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 篠田桃紅著『百歳の力』読了 | トップページ | 播州弁 その二十一 ほたえる »