« 能力とやる気 | トップページ | 「ほう・れん・そう」の原則 »

2015年7月14日 (火)

一票の格差問題

一票の格差問題が一向に解決しない。自民党の抵抗が強いと言うが、彼らは、最早、国民の代表ということを偽装しているのがお分かりでない。兵庫県民は有権者に一票しか与えられないのに、なぜ地域は一人に実質“四票”も与えられるのか。

こんなことは小学生でも、おかしいと思うだろう。地方の声が伝えられないと言うが、それだけ有権者が少ないのだから仕方ないではないか。こんな当たり前のことを住民に説明できないとしたら、自民党議員のエゴで、彼らは税金泥棒(あるいは違憲だが、合法的詐取)と言われても仕方ない。

|

« 能力とやる気 | トップページ | 「ほう・れん・そう」の原則 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 能力とやる気 | トップページ | 「ほう・れん・そう」の原則 »