« 最近よく見る四人歩き | トップページ | 一票の格差問題 »

2015年7月13日 (月)

能力とやる気

世の中、あまり単純に理解すると問題があるが、世間は、概ね、下記のような人で構成されている。

一、能力があって、やる気がある人

二、能力はあるが、やる気が無い人

三、能力が無いが、やる気がある人

四、能力が無く、やる気も無い人

一は、エリート意識の強い人々だと言える。彼らが頑張れば、ある面では世の中に貢献する。だが、エリート意識が強すぎると、変化を読み取れないので、失脚する場合もある。

二は、世の中をやや斜めに見ている人かもしれない。ある意味、覚めている。ただ、こういう人ばかりだと、組織は沈滞する。でも、一定程度必要な人々。

四は、困った人々。このまま進むと社会に埋もれていく。能力を上げる、きっかけやチャンスが、まず必要。このような人々は、やる気は後からついてく来る。でも、三の人よりは、ずっとまし。

最も社会に害を与えるのが、三の人々で、世の中を混乱させていく。能力は無いのに、背伸びして、有るように見せかけるが、中身はない。他者に影響されて、受け売りで何も考えず、実行に及ぶ。どこかの為政者たちも、そのようだ。

|

« 最近よく見る四人歩き | トップページ | 一票の格差問題 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近よく見る四人歩き | トップページ | 一票の格差問題 »