« 未だバブル感覚が抜けない自民党 | トップページ | 某自動車企業から逃げる外国人経営者 »

2015年7月22日 (水)

東芝株のおかしな動き

まだ上場しているんだと思う東芝株。これが値上がりしている。日本の株式市場は、不思議と言うしかない。やはり、ここは不適切な株価操作がされていると見るべきだろうか。どれくらいの規模かは不明だが、年金機構関係が買ったという話もある。値下がりすれば、評価減が出て、年金にも影響が出る懸念がある。

東芝の改革は、これからだが、企業風土を変えることは、かなり困難だろう。企業を作り変えるのがいいのだろうが、そうなると、大幅に人員も含めて、入れ替えしないといけない。ただ大企業のため、相当時間がかかるだろう。

個人的見解で述べれば、一旦、会社を整理して、新たに新企業を分割創業し、グループ外から経営者を招いて改革するしかないと思う。そうでない限り、この企業の株に一般人が手を出すことは避けたい。もちろん、いろんな考え方はあると思うけれど。

|

« 未だバブル感覚が抜けない自民党 | トップページ | 某自動車企業から逃げる外国人経営者 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未だバブル感覚が抜けない自民党 | トップページ | 某自動車企業から逃げる外国人経営者 »