« 『明治維新という過ち』を読了 | トップページ | 今、改めて、陶淵明の『勧学』 »

2015年7月30日 (木)

人生初めて腰痛を経験

先日、朝起きようとすると腰部分に電気が走る痛みを感じた。しばらくすると、落ち着いたが、少し動くと痛みが来る。ああ、これが腰痛というものなのか。かつて、人生の先輩諸氏が腰痛で苦労しているという話は聞いたが、他人事で、よく分からなかった。他人の痛みは、自身で経験しないと分らないと、しみじみ感じる。

数日、放っておいたのだが、痛みが増すので、止むなく、整形外科に通院。腰痛体操の仕方を教えられ、痛み止めの薬や湿布薬を頂き、若干、落ち着いた。それでも、完全にはよくならない感じ。これから、ずっと付き合って行かねばならないのだろう。

痛み止め薬も湿布薬も、あまり効かないが、腰痛体操をすると、一時的に改善するのは確か。こういうことが続くと、日常的に車の運転はしないが、もう車の運転はできないだろう。随分、早めの免許証返上が必要になるかもしれない。ああ、嫌になる。

*追記

痛くても自転車に乗ると、不思議と痛みが取れる。新しい発見。腰痛は微妙だ。

|

« 『明治維新という過ち』を読了 | トップページ | 今、改めて、陶淵明の『勧学』 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『明治維新という過ち』を読了 | トップページ | 今、改めて、陶淵明の『勧学』 »