« 株価暴落2015年夏 | トップページ | 2017年の大河は絶望的 »

2015年8月25日 (火)

2015年の中秋の名月

 月月に 月見る月は 多けれど

   月見る月は この月の月 (*注)

処暑も過ぎ、夕方になると、少し涼しい風が吹くようになった。少し早いが秋の話題を。2015年の中秋の名月は、9月27日らしい。姫路では、月の出が17時20分頃という。お城を眺めながら、名月を楽しみますかな。全国各地でも、いろんな催しがあるのだろう。

ちなみに百人一首には、月を詠んだものが11首ある。その中で、中秋の名月に感傷的になるのは、次のものだろうか。

 天の原 ふりさけみれば 春日なる

   三笠の山に いでし月かも

百人一首七番。あまりにも有名な歌。作者は、もちろん、安倍仲麿。余計な解釈は止めておく。

 月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ

   我が身一つの 秋にあらねど

百人一首二十三番。作者は大江千里。以前にも取り上げたので、これも解説は改めてしない。

 嘆けとて 月やは物を 思わする

   かこち顔なる 我が涙かな

百人一首。作者は西行法師。失恋の歌ですなあ。尤も、彼の想いというより代作ぽい感じもする。

人は、秋の月を見ると、先人も含めて、こうも感傷的になるのだろう。中秋の名月には、姫路や周辺地域では、各種催しがされるが、結構人が混んでおり、落ち着いて月を見られないこともある。今年は、家で月を眺めることにしよう。

*注

作者は不明。ある家の女中が、芋に貫通穴を開けて、その穴から月を見たという。

|

« 株価暴落2015年夏 | トップページ | 2017年の大河は絶望的 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 株価暴落2015年夏 | トップページ | 2017年の大河は絶望的 »