« 今、改めて、陶淵明の『勧学』 | トップページ | 後悔の漢詩『勧学の文』 »

2015年8月 1日 (土)

夏の或る一日

今年も、もう8月。日の経つのは本当に早い。そこで、今回は、流風の夏の或る一日を記そう。

 朝を起きると、いきなり腰の部分が、ズキズキ。

 耐えて歩けば、ピリピリと、ああ辛い。

 それでも、朝日を受けて、朝の草取りシコシコ開始。

 地味にコツコツと取れた雑草は山盛りだ。

 次第に、汗がダクダク、シャツはベトベト。

 作業を終えて、朝シャワーでスッキリ。

 その後の少し多めの朝食は、ガヅガツと。

 食欲は、モリモリと万全だ。

 しばらくすると、陽が昇り、カンカン照り。

 発する光はギラギラと。

 簾が、少しばかり和らげてくれる。

 そういうと、木の周りには、穴がボコボコと。

 蝉がジィーシャーシャー、ジィーシャーシャーと、

 煩く鳴いて、暑さ感倍増。

 同じところを読み返す読書。ブツブツ。

 熱中症は心配だが、運動不足も怖い。ウンウン。

 サイクリングをすると、不思議と腰も軽く、痛みもなし。ヤレヤレ。

 街中で、フラフラとウィンドーショッピングして、冷やかし回る。

 人の表情で、世の中の動きをチョロッと理解。

 でも、景気がいいのか、悪いのか。

 歩き疲れて、喫茶店で一休憩。ホッとする。

 ゴクゴクの飲むジュースが美味しい。

 帰途につくと、途中で雲行き怪しくなる。

 あれ、もうピカピカ始まったよ。

 急げと、無事に家に着くと、

 少し遠くで、ドンドン鳴っている。

 ヤレヤレ、雷様のお通りか。

 しばらくすると、ザーザーと強い雨。

 これが続くのかなと思うと、

 あっという間に雨は止み、カラッと晴れ渡る。

 夏の雨らしい。

 あれ、もうどこかで、ツクツクボウシが鳴いている。

 もう夏も終わりなのか。

お粗末でした。

|

« 今、改めて、陶淵明の『勧学』 | トップページ | 後悔の漢詩『勧学の文』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今、改めて、陶淵明の『勧学』 | トップページ | 後悔の漢詩『勧学の文』 »