« 朝、小動物発見! | トップページ | 高齢者の株式投資マニュアル(個人的見解) »

2015年8月27日 (木)

東京価格になった大阪飲食業

かつて、美味しいものが格安で、どこでも食べられるというのが、大阪の売りであった。ところが、最近の大阪の飲食業で提供されるものは、価格が東京価格になったと感じられる。もちろん、大阪全域で見れば、安くて美味しいものを提供してくれる店はあるかもしれない。

かつて、大阪に住んでいた頃は、結構、繁華街で食事したものだが、安くて、美味しかった。また並ぶ必要もなかったが、どこに入っても、そこそこの料理レベルのものが提供されたものだ。その後、神戸に住まいを移したが、味はいいのだが、価格が東京並みなので閉口したものだ。神戸は観光客向けの価格帯になっていたのだ。

それが最近、大阪でも、同様の傾向がある。観光客が増えた結果なのかもしれないが、嫌な感じだ。食材の価格が上がっていることを考慮しても、やや高すぎる。かつての、美味し物が、安くて、並ばず食べられる店は、大阪では、もう期待できないのだろうか。

|

« 朝、小動物発見! | トップページ | 高齢者の株式投資マニュアル(個人的見解) »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝、小動物発見! | トップページ | 高齢者の株式投資マニュアル(個人的見解) »