« お盆モード | トップページ | 愚かな原発再稼動~川内原発 »

2015年8月11日 (火)

東京オリンピック開催を中止にしたら

2020年東京オリンピックに、出場に夢をかけているスポーツ選手には申し訳ないが、個人的に、もう東京オリンピックなど、どうでもいいと思っている。ただ、日本でのオリンピックを経験していない世代には、見て欲しい気持ちもある。

オリンピック関係のごたごたが続いている。そもそも日本の建築業界の実情を無視して、海外デザイナーのデザインを採用したことが間違い。更に予算的にできないと分っていたのに、当局が無視したことが発覚した。その他にも、各種問題が表面沙汰になっている。全く、なっていないと言える。

各界のいろんな思惑が交錯し過ぎて、みっともない状態をさらしている。安倍自民党の政治力の無さと言ってしまえば、それまでだが、少しむごい。今更、東京オリンピックを中止にはできないだろうが、施設は、既存のものを使い、新規に造らないという提言もあるようだが、それも有りだろう。

あるいは、土地だけ国が貸して、民間にスポーツ施設を建ててもらってもいい。そうすれば、あんなバカげた海外のデザインを採用することもない。シンプルにスポーツ選手が活躍しやすいものにすればいい。

オリンピックはスポーツの祭典であり、何もデザイナーやゼネコンのために行うものではなかろう。それに開催期間は、2週間余り。それに馬鹿げた金を投じるのは、どうかしている。その後の活用を考えてのことだと関係者は言うが、言い訳にしか聞こえない。

選手の活躍は見たいけれど、新しい施設など、どうでもいいという心境だ。東京だけで無理なら、全国の既存施設を少し改修する程度で、いいではないか。「東京」の看板を下ろして、実質「日本オリンピック」とすれば、少しは国民の支持も得られるだろう。

移動交通手段と宿泊施設さえ確保すれば、狭い日本ゆえに、東京にこだわる必要は何もない。一応、対外的に繕うため、いくつかのスポーツ競技を東京でやれば済むことだ。体面ばかり気にして、頭の固い政治家や当局では無理な発想かな(苦笑)。

*2015年9月3日追記

相変わらず、東京オリンピック関係の失態が目立つ。新国立競技場については、1550億円もお金を掛けるようだ。全くの無駄遣いだ。こんなにお金を投じるのなら、むしろ仮設にすればいい。そうすれば、五分の一以下で済むだろう。

大会終了後は更地にして、民間に売り渡せばいい。そうすれば、ホテルとかマンションが建てられる。この方が経済効果は大きいだろう。オリンピックのスポーツ施設なんて、大概の国でお荷物で、廃墟になっている国もある。過大な投資は無意味だ。

またエンブレムの失敗は、三流のデザイナーの起用だろう。そもそも、あのデザインは、オリンピックに相応しくないし、躍動感がないと多くの人が指摘している。デザインコピー以前の問題だ。よって、あのデザインを選定した人々にも大きな責任がある。政治家と不透明な関係が想像できる。

*2015年12月20日追記

報道によると、大会組織委員会と東京都は、20120年の東京オリンピックの運営費試算が、当初の見込みの3013億円から、6倍の1兆8千億円に増大するとした模様。また、これには、新国立競技場の建設費は含まれない。要因としては、物価の高騰とテロ対策の警備強化のためという。

それに対して、組織委員会のの収入が見込めるのは、4千数百億円しかない。差額は、都や国が負担する。そうなれば、都知事は、東京都の納税者から住民監査請求される可能性がある。そして住民訴訟になり、彼が損害賠償の責任を追及されることになる。それでなくても、新国立競技場の建設費に都が、かなりの負担をすれば、知事は、それは違法だろう。この点でも、既にアウトだ。舛添氏は、どうするのだろう。

|

« お盆モード | トップページ | 愚かな原発再稼動~川内原発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆モード | トップページ | 愚かな原発再稼動~川内原発 »