« 災害可能性と風評被害 | トップページ | イヤミ課長の「伸縮式まごの手」を入手 »

2015年8月22日 (土)

姫路・観光レンタサイクルについて

先日、観光客の方から、「姫路にレンタサイクル」があるのを知らなかったと言われた。少し、市のアピールが弱いのかもしれない。ところが、外国の観光客の方は、よく利用されているようなので、彼らには広報が行き届いてると思われる。

再度、国内の観光旅行者向けへの認知度を上げる必要がある。昨年末に10月から「みんなの自転車・姫チャリ」という社会実験が2ヵ月実施されたが、有料(100円)にもかかわらず、評判がよかった。早く、正式運用して欲しいものだ。

さて、現在、運用されている「姫路にレンタサイクル」は、各種制約があるものの、無料だ。利用の仕方は、JR姫路構内にある「姫路市観光案内所」(079-287-0003)にて、受け付ける。

そこで申し込み手続きして、指定の駐輪場(大手前地下駐輪場)、駅西地下駐輪場で自転車を受け取る仕組みだ。ここで注意しなければならないのは、駐輪場では、申し込みできない仕組みであること。なお受付時間は、9時から16時まで。17時30分までに指定の場所に返却しなければならない。予約受付はできない。

*追記

なお、もし、お城まで、行ってしまっている場合、お城の前の大手門駐車場(家老屋敷公園の西。079-284-1533)でも、手続きできるようだが、運用しているのは5台だけなので、空きがあれば、ということになる。もし、お城まで行って、帰りに、どこか行ってみたいのなら、試しに尋ねてみるのもいい。空きがあれば、ラッキーだ。駄目でもともとという感じで、問い合わせて欲しい。

*2017年6月18日追記

報道によると、「観光レンタサイクル」が、2017年11月末で廃止される。というのは、コミュニティーサイクル事業「みんなの自転車『姫ちゃり』の整備が完了するからという。姫路市の意向は理解できるが、今まで無料だったものが有料になる。更に利用システムも異なる。今のところ、外国人観光客が、『姫ちゃり』を、そんなに利用している姿は見られない。このことを広報で早めに、外国人観光客に徹底してほしいものだ。

|

« 災害可能性と風評被害 | トップページ | イヤミ課長の「伸縮式まごの手」を入手 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 災害可能性と風評被害 | トップページ | イヤミ課長の「伸縮式まごの手」を入手 »