« 東京オリンピック開催を中止にしたら | トップページ | 播州弁 その三十 しばく »

2015年8月12日 (水)

愚かな原発再稼動~川内原発

鹿児島県にある川内原発が再稼動したようだ。愚かなことをやったものだ。世界は、福島原発事故から学んで、脱原発を実行している。日本だけが、その経験を活かせず、原発再稼動に捉われる国(経産省と政府)と電力会社。情けないことだ。

現状、電力は余っている。理由は、資源価格の低下、火力発電の増加と再生可能エネルギーによる代替だ。加えて国民の省エネ意識の徹底による。

こうしてみると、再稼動する理由は見当たらない。国は、電力会社を救済するためにやったのだろう。産業界は、コスト低減できると言うが、一部の業界を除けば、電気代の占めるコストの割合は低いから、理由にならない。

大体、原発賛成、反対を超えて、今の日本では、原発稼働は非常に危うい。今世紀は、日本にとって、大災害を続けて受ける可能性が高い。活断層の有無で、原発再稼動を考える発想そのものが間違っている。

以前にも述べたように、日本は、活断層の上に活断層が築かれているから、見えない活断層も多い。よって、日本に、原発が稼働するのに安全な場所は、どこにもない。原発は、日本に不向きなのだ。

加えて、最初に述べたように、世界は、脱原発の動きにある。日本政府は、これに対して、逆行しようとしている。経産省と業界の癒着が依然としてある。一部の利権で原発再稼動していいのか。この点に於いても、強過ぎる官庁も問題だが、哲学のない安倍政権の無能さが明らかだ。

国民としては、今後、原発再稼動地には、極力近づかない方がいい。旅行も避けた方がいいだろう。これは風評でも何でもない。君子、危うきに近寄らずだ。計画していた鹿児島旅行も取り止めた。

*2015年8月15日追記

本日、鹿児島県の桜島に、大規模噴火の可能性が高まり、住民に避難準備を呼び掛ける「警戒レベル4」が初めて出た。8月11日に再稼動した川内原発とは、約50キロメートル離れている。今後起る噴火の規模は、分らないが、直接・間接に影響を及ぼす可能性がある。

2015年12月28日追記

九州電力は、川内原発をめぐり、事故が起こった際に対策所を置くとしていた免震重要棟の新設計画を12月25日に撤回したらしい。原子力委員会の審査で再稼働の前提条件とされていたが、無視した。これは重大な違反行為。九州電力の無神経さには、あきれ返る。事故が起こらないと思っているのだろうか。やはり、この周辺には、旅行も止めた方がいい。住民の方も、早く転居された方がいい。

|

« 東京オリンピック開催を中止にしたら | トップページ | 播州弁 その三十 しばく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京オリンピック開催を中止にしたら | トップページ | 播州弁 その三十 しばく »