« 愚かな原発再稼動~川内原発 | トップページ | 大川周明著『日本二千六百年史』を読了 »

2015年8月13日 (木)

播州弁 その三十 しばく

今回は、高校生の頃、少し、やんちゃな奴が言っていた言葉。「茶しばこか」だ。最近は、あまり耳にしない。「しばく」とは、「行く」の意味。よって、「茶飲みに行こう」、「喫茶店に行こう」という内容になる。

高校生になって、初めて、その言葉を知った。「しばく」とは、多少違和感があった(*注)。播磨は広いので、海側と山側では、言葉がかなり違う。播州弁を取り上げているが、知らない播州弁も多い。

*注

「しばく」には、別の意味もある。「ええ加減せい。お前、しばいたろか」とけんか腰に言う。「叩く」の意味。言葉は難しい。

|

« 愚かな原発再稼動~川内原発 | トップページ | 大川周明著『日本二千六百年史』を読了 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愚かな原発再稼動~川内原発 | トップページ | 大川周明著『日本二千六百年史』を読了 »