« 「姫路市商店連合会 買い物ポイント事業」まもなく始まる | トップページ | 日米安全保障条約(日米地位協定を含む)は不平等条約 »

2015年9月 1日 (火)

大切なのは若い人たちの投票活動

実質、不平等な「日米安全保障条約」と「日米地位協定」で、日本を「準占領下」に置いている米国におもねた、拙い安倍政権の安保関連法案に、危機感を募らせた全国の多くの若い人たちも反対している。

この法案は、将来、彼ら若い世代に直接、圧し掛かるものであることに間違いはない。後世に無責任な安倍首相たちが、どれほど詭弁を弄しても、日本を危うくすることは間違いない。

ところが、与党(自民党と公明党)は多数を握っている。最悪の場合、法案は通ってしまう。それでは、その時は、どうすればいいか。まず、この法案を廃案にしてくれる政党に、今後の選挙で投票し、政権交代させ、国民の意志を反映させるしかない。

それには、若い人たちが、投票所に行って投票しなければならない。今は、投票日に都合が悪ければ、期日前に投票できるので、忙しかったから投票できなかったという言い訳は通用しない。日本の未来は、デモ活動もいいが、若い人たちの投票行動にかかっていることを忘れて欲しくない。

*追記

もちろん、投票行動を起こすには、いろんな活動が必要だ。例えば、SNSで、前提条件なしに、あるべき日本の姿を議論することも必要だろう。論点を整理した上で、適切な政党の選択、及び候補者の選定がある。支持する候補者を効率よく、多く当選させるには、どうするべきか。場合によっては、政党に求めるべき公約の要請も必要だ。大いにネットで議論・検討して欲しいものだ。

|

« 「姫路市商店連合会 買い物ポイント事業」まもなく始まる | トップページ | 日米安全保障条約(日米地位協定を含む)は不平等条約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「姫路市商店連合会 買い物ポイント事業」まもなく始まる | トップページ | 日米安全保障条約(日米地位協定を含む)は不平等条約 »