« 播州弁 その三十五 ひんそやなあ | トップページ | 「やぶ医者大賞」と落語『藪医者』 »

2015年9月24日 (木)

「姫ちゃり」復活

2014年、姫路市で、10月から2か月社会実験として行われたレンタサイクル(貸し自転車)、「姫むちゃり」。評判が良かったので、2015年10月から約半年間復活する。変わったのは、サイクルステーションの範囲か増えて、対面式ではなくて機械式を導入したこと。また支払いはクレジットカードのみとなることだ。

◎実施期間 

  2015年10月10日より2016年3月31日まで。ただし、年末年始は除く。

◎利用時間

  午前9時から午後7時まで

◎貸出台数

  100台

◎サイクルステーション(貸出場所)  10か所

  1、姫路駅西ステーション(キャスパ南)

  2、姫路駅北ステーション(十二所前線と大手前通りの交差する南側)

  3、姫路駅東ステーション

  4、姫路駅南ステーション(みなと銀行中央支店近く)

  5、大手前通ステーション(みずほ銀行近く)

  6、姫路城東ステーション(城見台公園を過ぎ、県道を東に渡った臨時駐車場の中にある)

  7、姫路城西ステーション(大手門駐車場)

  8、美術館ステーション(姫路市立美術館近く)

  9、図書館ステーション(城郭図書館近く)

 10、市役所ステーション(姫路市役所近く)

◎利用料金

 基本料金は1日60分以内100円で、超えると、以降60分ごとに100円が加算される。うまく利用するには、各ステーションを60分以内に乗り継ぐこと。そうすれば、何回乗っても1日100円で済む。

◎対象

 中学生以上

◎支払い方法

 クレジットカード限定

 ただし、携帯電話があれば、 1、姫路駅西ステーションと 7、姫路城西ステーション(大手門駐車場)に限っては、現金でも支払える。なお、「姫ちゃり」は、TSマーク付帯保険に加入しているとのこと。

若い人の利用も期待できるが、案外要望の多いのは中高年の旅行客の方々。制約された時間内にあちらこちら観光したいし、身体も楽したい。気持ちは、よく理解できます。それには「姫ちゃり」は最適。大いに利用してもらいたい。

|

« 播州弁 その三十五 ひんそやなあ | トップページ | 「やぶ医者大賞」と落語『藪医者』 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その三十五 ひんそやなあ | トップページ | 「やぶ医者大賞」と落語『藪医者』 »