« 播州弁 その三十二 しんきくさい | トップページ | 播州弁 その三十三 けったいな »

2015年9月16日 (水)

「山口貴士 日本画展」観覧

先週、神戸そごうで、「春の院展」が開催されていたのだが、日程の都合で観に行くことはできなかった。140点の日本画が展示されていたということだから、随分、鑑賞しがいがあったことだろう。残念。開催期間が1週間というのは短すぎると思うが、そこが美術館と違う所で、ビジネス優先なのだろう。

1日遅れで、所要があったので神戸に寄り、ついでに神戸そごうに行くと、美術画廊で、「山口貴士 日本画展」が催されていた。新進の日本画家のようである。最近は、画廊で観覧しても、記事にはしないのだが、少し気になったので、備忘録的に記しておく。

山口貴士氏は、1982年、愛知県生まれ。愛知県立芸術大学美術科日本画専攻卒業。その作品は、どこか幻想的。強いて言えば、ジョルジュ・スーラの雰囲気だ。絵画は、各人、嗜好があると思うが、多分、私は、こういう作品が好きなのだろう。2015年9月21日まで展覧している。

|

« 播州弁 その三十二 しんきくさい | トップページ | 播州弁 その三十三 けったいな »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その三十二 しんきくさい | トップページ | 播州弁 その三十三 けったいな »