« 大岡昇平著 『俘虜記』を再読 | トップページ | 一つの見解が全てを代表するわけではない »

2015年10月20日 (火)

「第31代赤穂義士娘」決まる

先日の報道で、「第31代赤穂義士娘」3人が決まったとあった。岡田彩希さん、神代梨沙さん、西口奈見さんの三名。姫路お城の女王と遜色なし。いずれ劣らぬ、かわいらしい女性たちだ。でも、この報道があるまで、赤穂義士娘の存在は知らなかった。

彼女らは、今年12月14日の赤穂義士祭のパレード「義士娘人力道中」でデビューするようだ。今年の義士祭には、今年初めて、西郷輝彦さんが、大石内蔵助役で参加(過去2年間は、松平健さんが参加)。討ち入りの装束で、赤穂市街地1キロメートルを練り歩く予定だ。

毎年、行こう行こうと思いながら、他の催しと重なり、逃している。今年こそ、行くぞ(笑)。

|

« 大岡昇平著 『俘虜記』を再読 | トップページ | 一つの見解が全てを代表するわけではない »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大岡昇平著 『俘虜記』を再読 | トップページ | 一つの見解が全てを代表するわけではない »