« 『明石の中世』展を観覧 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その九 »

2015年11月13日 (金)

2015年 『明治の香り漂う迎賓館・兵庫県公館 特別公開』を観覧

兵庫県公館30周年事業 『明治の香り漂う迎賓館・兵庫県公館 特別公開』展を観覧してきた。この公館は、明治35年、県庁舎として、当時の代表的建築家・山口半六氏の設計によるもので、歴史的文化遺産だそうだ。戦災で焼失したが、修復され、昭和60年に、迎賓館と県政資料館からなる兵庫県公館になった。

公館は、毎年公開されるが、今回は規模が違う感じ。1階から3階まで、特別公開された収蔵品を含めて、120点が展示。有名な芸術家の作品ばかりだ。例年と比べて規模も大きい。また一般の美術館のように、作品が羅列されるのではなく、各部屋や廊下に展示されるので、作品も、どこかの邸宅で鑑賞しているような錯覚を覚える。

会期は、2015年11月26日まで。観覧無料。市営地下鉄県庁前駅からすぐ。あるいは、JR元町駅西口か、阪神電車元町駅西口下車。北側に歩いていくとある。なお館内は飲食禁止、撮影禁止。また、近くに相楽園もある。

また、次のような、各種催しも計画されている(*詳しい内容は、兵庫県公館のホームページ参照してください)。

◎ナイトミュージアム

   2015年11月18日から23日まで、午後8時まで開館し、ライトアップ。

   20日から22日には、ナイトコンサートもあり。

◎ 各種コンサート

    20日 ハープDAY   14時10分~、18時40分~

         21日 ジャズDAY  11時10分~

         22日 浄瑠璃&西洋古楽DAY 

        12時40分~、14時10分~、18時40分~

    23日 クラシックDAY

        11時10分~、12時40分~、14時30分~

 

|

« 『明石の中世』展を観覧 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その九 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『明石の中世』展を観覧 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その九 »