« 高齢者は丸くなっていいのか | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その八 »

2015年11月 9日 (月)

「人間将棋・姫路の陣」の催し案内 

子供時代、将棋の駒を使って、父と「山崩し」とか「はさみ将棋」をやったことがあるが、本格的な将棋は、強くならなかったので、結局、それ以後は、全くやっていない。そういうことで、将棋には興味はないのだが、姫路市が、度々広報しているので、全国の将棋ファンの方のために、一応案内しておこう。

それが「姫路城グランドオープン記念!祝賀・人間将棋・姫路の陣」だ。そもそも人間将棋は、将棋駒の生産で有名な山形県天童市の伝統行事。この人間将棋は、太閤秀吉が、関白秀次を相手に、伏見城で小姓や腰元たちを将棋の駒とみなして、野外に設置した将棋盤を戦いの場に見立てて、将棋の試合を楽しんだことが始まりらしい。

棋士が、甲冑や陣羽織などの戦国衣装に扮した人間を指揮する。今回の駒役は、市内の中学生が務める。また黒田官兵衛が、11月29日生まれということもあり、2015年11月28日と29日に大手前公園で開催される(ただし、雨天の場合は、白鷺小学校体育館内)。6人の有段棋士が各日メンバーを変えて参加予定(*参考1参照)。

また28日には、将棋好きで有名な芸人のシャンプーハットてつじさんがトークショー(11時より)とゲスト対局(午前11時15分より)に参加予定。その後12時30分より人間将棋開始。なお、29日の人間将棋は12時開始予定。

また10時より14時まで「自由対局」があり、自由に対局できる。12時30分まで、「詰将棋クイズ」があり、正解すると、抽選で、出題棋士の色紙がもらえるとのとこ(クイズの正解発表は28日が14時30分。29日が14時となっている)。

将棋に関心のある方、あるいは、これから、やってみようかという人は是非。また関心のない人も、楽しめるかも。

*参考   予定出演棋士名は次の通り。

11月28日

 東 和男 八段

 神吉 宏充 七段

 稲葉 陽 七段

 船江 恒平 五段

 村田 智穂 女流二段

 長谷川 優貴 女流二段

11月29日

 井上 慶太 九段

 福崎 文吾 九段

 久保 利明 九段

 山崎 隆之 八段

 若松 政和 七段

 室谷 由紀 女流二段

*2016年9月30日追記

今年の姫路「人間将棋」は、11月5日・6日の両日の日程で催される。

|

« 高齢者は丸くなっていいのか | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その八 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者は丸くなっていいのか | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その八 »