« 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を読了 | トップページ | 生き残る俳優の条件 »

2015年11月21日 (土)

きれいなブログ、汚いブログ

いろんなブログを見ていると、感心するような、きれいなブログがあるかと思えば、これはちょっとと思われる汚いブログもある。ブログは、ある意味、書き手の意思なので、書き手本人にすれば問題ないのかもしれない。だが、見る方からすれば辛いブログは、やはり問題かもしれない。

まあ、他人のことは、あまり言う資格はないのですが、拙ブログは、文章だけなので、ワンパターンですが、内容はともかく、ブログ全体は、そんなに汚くならない。ただし、リンクを増やし過ぎると変な雰囲気になるので、気付いた時に若干調整している。それでも、第三者から見ると、あるべきブログの構成になっているとはいいがたいかもしれない。

ただ、私見だが、最近は、アバターやカレンダーに加えて、ツイッター、フェースブックなどをリンクし、インスタのブログ取り込みなどで、ブログが煩雑になり過ぎて、汚くなっている方が意外と多い(*注)。ブログは、シンプルなつくりの方が美しく、あまり何もかも取り入れるのは、控えた方がいいと思う。

*注

芸能界の方々は、すべてのリンクが悪いとは言わない。例えば、出演情報などはブログに記さずに、リンクした方が、ブログは美しく見える。フェイスブックやツィッターのリンクもわかる気がするが、見る側からすると、情報が、あまりにも分散されて、一体、何を知ってもらいたのかが曖昧になる。

芸能界の方々は、売り込みたい気持ちは分かるが、あまりに盛り込みすぎると、全体バランスを失って、汚いブログになっている例が散見される。また、文章が異常に長すぎるのも頂けない。書きたい気持ちは分かるが、日付を変えて、分割表示にした方がいいだろう。

逆に、記事に内容はないのに、ブランク幅を大きく取って、文章を引き延ばしする人もいるが、読む側を馬鹿にしているとしか受け取られない。注意すべきだろう。

またブログの構成のことではないが、ブログの更新を長い間しない人がいる。一体、何のためのブログなのか。もちろん、毎日、更新する必要はない。内容もないのに、無理やり更新するのも馬鹿げている。だが、長い間、更新しないのであれば、一旦休止表明するか、閉鎖すればいい。

|

« 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を読了 | トップページ | 生き残る俳優の条件 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/62720323

この記事へのトラックバック一覧です: きれいなブログ、汚いブログ:

« 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を読了 | トップページ | 生き残る俳優の条件 »