« 播州弁 その三十八 しょうもない | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その七 »

2015年11月 7日 (土)

結婚直前の女性へ

女性は、結婚前になると、多くの人がマリッジ・ブルーになるらしい。期待と不安が交錯するのは分かる。ただ、そうした迷いは不幸を生む。次の言葉を贈ろう。

 Once a decision was made, I did not worry about it afterward.

「一旦、決断したのなら、その後のことは、あれこれ心配しなかった(それに向かって突き進むだけだった)」。要するに思い切りが大切ということ。本来、米国の政治家の言葉だけれど、結婚前の女性にも援用できる。

*追記

また、鍋島直茂は、『直茂公御壁書』にて、次のように言っている。結婚を控えた人たちについても、参考になるだろう。

「大事の思案は軽くすべし」

人生に於いて、大事に臨むには、改めて考えることのないように、覚悟を決めておけば問題がない、と。

|

« 播州弁 その三十八 しょうもない | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その七 »

男と女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 播州弁 その三十八 しょうもない | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その七 »