« 姫路網干・龍門寺に久しぶりに再訪 | トップページ | 姫路「明珍鍛冶 親子展」を観覧 »

2015年11月12日 (木)

播州弁 その三十九 「ええがい」と「あっかいや」

今回の播州弁は、「ええがい」と「あっかいや」。

「これでええか」という問いに対して、良ければ、「おお、それで、ええがい」、ダメなら「そんなん、あっかいや」となる。

「ええがい」は、「好い」が変化してもの。「ええが」と切って言う人もいるが、「ええがい」は、やや上から目線。

「あっかいや」は、「悪い」の「あかん」から変化したものと理解できる。割と軽い言い方。冗談ぽく言う場合も多い。場面で異なる。

他所から来た人は、一瞬、目をぱちくりする人もいるが、間もなく、理解するようになる。ニュアンスで伝わるものだ。どちらかというと、浜手の言葉かもしれない。

|

« 姫路網干・龍門寺に久しぶりに再訪 | トップページ | 姫路「明珍鍛冶 親子展」を観覧 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姫路網干・龍門寺に久しぶりに再訪 | トップページ | 姫路「明珍鍛冶 親子展」を観覧 »