« 『直茂公御壁書』を読む その十 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その十一 »

2015年11月18日 (水)

播州弁 その四十一 なしたまあ

今回の播州弁は、「なしたまあ」、あるいは「なしたまー」と表記できるかも。

言葉の語源は、よくわからないが、「なして」が「どうして」の意味で使われることからすれば、そこから来たのかもしれない。

朝ドラの『あさが来た』のあさが、「びっくりぽん」とよく言うが、それと同様、驚いた時の表現。びっくりしたなあとか、思いもしなかったとか、なんてことのようなニュアンス。

ただ、場面により、「ほんとうにそうだ」という場合もあるそうだ。そういう使い方をしたことはないが、会話の流れに注意。

|

« 『直茂公御壁書』を読む その十 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その十一 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/62701636

この記事へのトラックバック一覧です: 播州弁 その四十一 なしたまあ:

« 『直茂公御壁書』を読む その十 | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その十一 »