« 『直茂公御壁書』を読む その七 | トップページ | 「人間将棋・姫路の陣」の催し案内  »

2015年11月 9日 (月)

高齢者は丸くなっていいのか

一般に、人は、若い時は角があっても、歳を重ねることで、角が取れて丸くなると云われる。確かに、あの人がという人が、高齢になって、性格が丸くなり、好々爺になっているのは、過去にも、度々見てきた。

では、丸くなるのはなぜか。それなりに経験を経て、他者を尊重する円熟さ、ずるさが備わったものと見ることもできる。あるいは、先が見えるようになり、一種あきらめの境地に入っているのかもしれない。

ただ、かつて医師会の会長をしていた武見太郎氏は、「円熟するというのは一種の老化現象」と切り捨てている。高齢者が、いつまでも角がとれないと、「頑固者」と周囲から敬遠されそうだけれど、皆が皆、角が取れて丸くなる必要はないと思う。

|

« 『直茂公御壁書』を読む その七 | トップページ | 「人間将棋・姫路の陣」の催し案内  »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『直茂公御壁書』を読む その七 | トップページ | 「人間将棋・姫路の陣」の催し案内  »