« 『姫路観光ガイドブック』平成27年10月改訂版について | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その六 »

2015年11月 3日 (火)

澤田幸男・神矢丈児共著 『腸が寿命を決める』を読了

以前にも記したが、高齢の先輩が、よく「胃腸から風邪はひく」と、おっしゃっていたが、今回読んだ澤田幸男・神矢丈児共著では、『腸が寿命を決める』(集英社新書刊)と説かれている。説明によると、人間には病気を防ぐ免疫機能を有しているが、その80%を腸が担っているという。

よって、大腸の汚れが、あらゆる病気の引き金になる。大腸をきれいに保つには、乱れた食習慣と生活習慣を直す必要がある。また市販薬の服用は止めるべきだと主張する。そして、時々、断食を行うのもいいようだ。この辺は、よく説かれる健康法と差はない。

ただ、本著では、腸の役割を含めて、一般人にもわかりやすく説明されており、いろんな病気を引き起こす原因にも合理的に説明され、多くの人が腸に意識を持つのに役立つ書籍だろう。

|

« 『姫路観光ガイドブック』平成27年10月改訂版について | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その六 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『姫路観光ガイドブック』平成27年10月改訂版について | トップページ | 『直茂公御壁書』を読む その六 »