« 政治をバラエティ化させる関西の番組 | トップページ | 小林泰三著 『誤解だらけの日本美術』を読了 »

2016年1月15日 (金)

兵庫県立ものづくり大学校が2016年度生を募集

日本を支えるのは、やはり土木・建築、製造業。日本の現状は、経済のサービス化に伴い、製造業が衰退しているように見えるが、やはり「ものづくり」は日本の柱だ。観光・サービス対応の人材づくりも大切だが、ものづくりの人材育成も欠かせない。

姫路市市之郷にある兵庫県立ものづくり大学校が2016年度生を募集している。対象は住宅設備、木造建築、機械加工、溶接、金属塗装。年齢は、おおむね40歳未満の求職者としている。教科書や工具代は実費が必要だが、受験料、入学金、授業料は無料。出願受け付けは1月25日から2月10日まで。2月17日に入校試験をする。

詳しいことは、ホームページで確認して、おおいに挑戦してほしい。上記の科目には土木関係はないようだが、これから日本は災害の多くなる可能性が高い。そういう人材も育てて欲しい。

*兵庫県立ものづくり大学校

  姫路市市之郷

  http://www.monodai.ac.jp/

|

« 政治をバラエティ化させる関西の番組 | トップページ | 小林泰三著 『誤解だらけの日本美術』を読了 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63069726

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県立ものづくり大学校が2016年度生を募集:

« 政治をバラエティ化させる関西の番組 | トップページ | 小林泰三著 『誤解だらけの日本美術』を読了 »