« “吉”のインフレ | トップページ | バーナード・ショーの『ピグマリオン』を読む »

2016年1月 5日 (火)

猿の話と平成28年の干支丙申について

例年通り、兵庫県立図書館で頂いた資料等に基づき、本年の干支、丙申(ひのえさる)について、記しておこう。別名、「へいしん」とも読む。干支の話の前に、猿に関する話をしておこう。

まず、なぜ猿を「サル」と言うのか。「マシラ」という外来語から来ているという説がある。「マシラ」は「優る」の意味に通ずると考えたようだ。「去る」と聞こえるというのは、後付けかもしれない。

よく、「見ざる、聞かざる、言わざる」と言われるが、それに加えて、「思わざる」というのがあるようで、これができれば、前者の三つを超えると仏典で説かれているそうだ。この教えは、現代でも通用するだろうが、日本の僧が説きそうな話だ。

また、猿顔というと、まず豊臣秀吉の顔が浮かぶ。それより古い例を挙げると、一条摂政兼良も猿顔だったと伝えられる。よって、彼らは陰口をいろいろ言われたようだ。でも、そういうことは気にせず、かえって人気があったりしている。

これとは別に、むしろ名前に猿と名付ける場合もあった。例えば、古代に於いて、巫女の長を猨女君と呼んだのはなぜか。意味なく、猿の名を冠するとも思えない。猿が転生して人になると信じられていたのかもしれない。

鼻が長かったと伝えられる猿田彦というのもある。柿本朝臣佐留、猿丸太夫(道鏡のこと)、上杉謙信の幼名が猿松であったこと、また前田利常の幼名がお猿であったことを考えると、猿に対する畏敬があったのかもしれない。

また、山王神は、猿を使いとしたという。猿が山を登って集まり、社殿を拝むからだという。更に、猿は不浄を、嗅ぎ分ける能力があるらしく、刀を持たせて不浄な参詣者を追い出したらしい。昔、一部地域では、猿神の祭日というのがあり、農業の神でもあった。「さるまさる」として、作物が増殖するとして歓迎したのだ。

全く関係ない話だが、公家は、生活難から逃れるため、各種講釈をして金を稼いだ。それは隠語というべきもの。例えば、猿のことは呼子鳥だと言って煙に巻いた。万葉集では、「呼子鳥」を詠んだ歌が9首あり、この場合は、ホトトギスを指すとされるのだが、『古今和歌集』では、「猿」だと言うのである。この辺は、変な説を説いて学説を唱える学者と変わらない。いつの時代も、こういう輩はいる。

話が変わるが、猿のことを別名「えてこ」と言うが、これはある猟師が、野猿を飼いならして、「得手吉」と名付けられたことから来ているという説もある。

幾分脱線したが、干支の話の戻ろう。十干の「丙」は、「炳」から来ている。「へい、あきらか」と読み、草木が伸長して、その形体が著しい状態を指す。五気では、「ひのえ」すなわち、「火の兄」で、太陽の光線を意味する。

また十二支の「申」の字は、甲骨・金文では、雷(いなづま)を描いた象形文字。篆文(てんぶん)は背骨と肋骨の象形で、まっすぐ伸びる意味を持つという。すなわち、草木の果実が成熟して滋味が増し、締め付けられて固まった状態を指すようだ。

丙申に歴史的な大きな出来事というと、文禄五年(慶長元年)の地震だ。まず豊後地方に於いて、1596年9月1日(慶長元年閏7月9日)に、マグニチュード7.0の大地震が起こって、高崎山が崩れ、神社の拝殿が倒壊したり、別府湾沿岸で大津波で被害を受けている。

続いて、1596年9月5日(慶長元年7月13日)に、畿内で、地震が発生し、その規模が、マグニチュード7.1。京都の被害が大きく、伏見城大天守が大破し、諸寺・民家の倒壊が多かった。余震が翌年の4月まで続いたという。その他にも奈良・大阪・神戸で被害が大きかった。

丙申年の歴史的な出来事を挙げると次のようになる。

◎756年(天平勝宝8) 聖武太上天皇没する

◎816年(弘仁7) 空海、高野山に金剛峯寺を開くことを許される

◎876年(貞観18) 大極殿が火災

◎996年(長徳2) 中宮藤原定子が落飾

◎1296(永仁4) 「天狗草紙絵巻」成る

◎1356年(天正11/延文元) 二条良基『菟玖波集』を撰集

◎1416年(応永23) 上杉禅秀の乱

◎1476年(文明8) 遣明使、笠芳妙茂ら堺を出発

◎1596年(慶長元) 慶長の大地震、近畿地方に大被害

◎1716年(享保元) 紀伊徳川吉宗が将軍となる

◎1776年(安永4) 平賀源内がエレキテルを完成

           上田秋成『雨月物語』を著す

◎1836年(天保7) 東大寺正倉院が開封

           諸国飢饉、奥羽地方の死者10万人に及ぶ

◎1896年(明治29) 茨城、福島、栃木の自由党員ら16名が茨城県加波山にて蜂起

           進歩党結成、大隈重信が党首となる

◎1956年(昭和31) 国連総会、日本の加盟案可決

            南極観測船「宗谷」出航

災害も含めて、いろんな結果が出るのが、丙申ということかもしれない。成果を喜びながらも、注意深く、また災害を受けても適切に対処することが求められるのかもしれない。

|

« “吉”のインフレ | トップページ | バーナード・ショーの『ピグマリオン』を読む »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/63010038

この記事へのトラックバック一覧です: 猿の話と平成28年の干支丙申について:

« “吉”のインフレ | トップページ | バーナード・ショーの『ピグマリオン』を読む »